夜職とは?女の夜のお仕事はどんな種類がある?各仕事の特徴と給料

ドレスや着物で着飾った美しい女性が、お金持ちの男性に貢がれる華やかなお仕事といったイメージを持たれている夜職。

でも実際のところ、本当にそんな夢のようなキラキラした世界なのか気になりますよね。また、夜職と一口に言っても、用途や営業形態はさまざまです。

夜のお店にはキャバクラをはじめクラブやラウンジ、スナックなどがありますが、働いたことがなければどのような違いがあるか分かりにくいでしょう。

求人情報を見ても夜職とはどんな仕事内容なのか想像がつかないと、不安は募る一方です。

この記事では、

・夜職の種類や特徴
・夜職をするメリット&デメリット
・夜職の求人情報を効率よく探す方法

などを詳しく解説します。夜職をしてみたい考えている方はぜひ参考にしてくださいね♪

夜職(水商売)の特徴・給料相場

相談者さん

水商売のジャンルに入る職業を教えてください。

引用元 : Yahoo!知恵袋

水商売とは、「先の見通しが立ちにくく、世間の人気や嗜好に影響される、収入が不確定な職業」を指します。

キャバクラなどお酒の場で接待するお店だけでなく、性風俗サービスを提供するお店も“水商売”のジャンルに含まれます。

一般的に「水商売」と言われる職業

本来、水商売には芸能界をはじめとする人気商売や歌舞伎・相撲などの興行物、クリエイティブな職業まで含まれ、定義はとても広いです。しかし一般的には「水商売=夜のお仕事(夜職)」という意味合いで使用されることが多いでしょう。

ここからは「水商売」と言われる職業の中から、女性が働くことが多い夜のお仕事(より職)をピックアップして解説しますね!

キャバクラ

キャバクラはお客さんの隣に座り、会話で楽しませてドリンクや延長、ボトルなどの交渉をする、お客さんとの同伴やアフターといった、業務時間外の連絡で営業する、などが主なお仕事です。

水割りなどの簡単なお酒を作る、お客さんのタバコにライターで火をつけるなどのお仕事内容があります。

どのお店も比較的年齢層が若く、『18歳~30歳くらい』までの女性が多く勤務しています。

時給は平均2,500円〜3,500円程度で、各種バックが充実しているので効率的に稼ぐことができます。特に都心にあるキャバクラ、知名度が高いキャバクラ、高級キャバクラになると時給7,000円~1,0000円超えもザラなのでキャバクラで働く場合はお店選びが重要です。

キャバクラとは?はじめての方向けに仕事内容やボーイ(黒服)についても解説 キャバクラの平均時給は?時給を高くする方法や「嘘の時給」の実態について キャバクラで働く年齢に制限はある?何歳までキャバ嬢でいられるのか

熟女キャバクラ・姉キャバクラ

熟女キャバクラ・姉キャバクラは一般的なキャバクラを卒業した人が、次の職業として選ぶ大人の魅力を売りにするキャバクラです。

熟女キャバクラ・姉キャバクラは、落ち着いた雰囲気を持っており、お客さんも比較的静かに呑まれる方が多いのも特徴です。

キャストの年齢
姉キャバクラ20代後半~30代後半まで
熟女キャバクラ30代半ば~50代後半まで

お仕事内容はキャバクラと変わらず、お客さんの隣に座ってお話&お酒を作る、同伴やアフター、時間外の営業などです。

時給平均は2,700円程度と高く、各種バックも充実しています。

熟女キャバクラ・姉キャバクラは「騒がしい雰囲気や若者のノリが苦手」という20代後半以降の大人の女性が選ぶ夜職として人気があります。

熟女キャバクラとは?気になる年齢や時給・働くメリットまで解説♪

朝キャバ・昼キャバ

営業時間が朝&昼になったキャバクラを、朝キャバ・昼キャバと言います。

通常のキャバクラとの大きな違いは「営業時間」と「客層」です。朝キャバと昼キャバの営業時間と客層は一般的に下記のとおりとなります。

営業時間客層
朝キャバ朝5時〜昼12時まで・深夜営業終了後の同業者
・朝まで飲んでいる若者
・キャバクラやホストのアフターとして利用するお客さん
昼キャバ昼12時〜夕方17時まで・夜勤明けの方
・日中に自由のきく地元の高齢者

営業時間の関係上、いわゆる“普通のサラリーマン”は少ない傾向で、お店によっては夜の時間帯のキャバクラよりも騒がしいお客さんが多い場合もあります。

夜に働くのが難しい主婦やシングルマザーにとって、早朝〜夕方までの明るい時間に働ける高時給のバイトなので人気が高いです。

時給は全国平均が3,300円ほど。都心部だと3,500円以上のお店もあります。各種バックのシステムは通常のキャバクラと変わらないため、やる気があれば時給以上に稼ぐことが可能です。

朝&昼キャバは夜キャバとどう違う?バイトの時給やメリットについて♪

高級クラブ

高級クラブはその名の通り、高いコミュニケーションスキルと教養、上品な接客などが求められ「ホステス」と呼ばれる女性も容姿端麗であること、また高級品を身につけることを求められる一流の夜職です。

銀座や六本木、赤坂などの一等地に店舗を構えていることが多く、ホステスの指名方法も「係」と言われる文化がありとても独特です。

給与システムも夜職の中では珍しく、日給で働く女性が多いのが特徴です。

また高級クラブでは、容姿・教養・コミュニケーションスキルを同時に求められることから、採用基準もとても高いと言えるでしょう。

銀座高級クラブの特徴を徹底解説!給料システム・ノルマ・ペナルティ 知られざる銀座ホステスの厳しいルール6つ丨高級クラブで働くコツ ホステスとキャバ嬢の違いとは?高級クラブで働きたい人は知っておこう!

ニュークラブ

ニュークラブは高級キャバクラと言い換えられることもある、クラブと並んでレベルの高い夜職です。

キャバクラと高級クラブの中間のような営業形態で、時給も平均で4,000円〜6,000円程度と高額なため、働く女性の容姿レベルや接客力もハイレベルなものを求められます。

また、ニュークラブは夜職の中でもそのノルマの厳しさが有名であり、表立ってノルマを謳っていない店舗でも、指名やお客さんを呼べない女性にはボーイからの圧力がかかると言われています。

ニュークラブの定義と違いとは|北海道すすきのではキャバクラを指す?

パブクラブ・パブ

パブクラブは、ボトル制のスナックと、時間制のキャバクラの中間のようなお店を指します。

欧米の方で「居酒屋」を指す「パブ」という言葉を使うことからも、夜職の中ではアットホームな雰囲気になります。地元のサラリーマンや常連客で賑わう、地域密着型のお店が多いです。

キャバクラのように指名や売上で競う雰囲気はなく、キャスト同士が協力し合ってお客さんを楽しませるイメージです。

スナックに近い雰囲気のため、働いている女性は年齢層高めで落ち着いています。年齢が若くても、キャピキャピするのが苦手という女性にもおすすめです。

リーズナブルに楽しめるお店のため、ホステスの時給も15,00円〜2,000円程度です。

ノルマもないため「ガッツリ稼ぎたい!」というよりは、夜職が初めての方や、副業バイト感覚でゆるく働きたい方に向いています。

ラウンジ

ラウンジはキャバクラと同様、お客さんの隣に座りお話を楽しむ夜のお仕事です。

地域にもよって異なりますが、時給は平均4,000円程度と高額で、他の高級夜職と違いバックも充実しています。

シフトも自由に決められるので、Wワークしやすいというメリットのある夜の仕事ですが、女性の容姿と愛嬌を重視した採用を行なっているため、容姿に対してストイックな女性でなければ採用されるのは難しいでしょう。

ラウンジで働く女性はモデルやグラビアの卵が多く、その中で渡り合っていける容姿と愛嬌を持った女性であることが前提です。

夜のお店「ラウンジ」とは?仕事内容や時給相場・ボーイについても!

ガールズラウンジ

ガールズラウンジは、ガールズバーとキャバクラの中間のお店です。

業態の定義が曖昧なこともあり、ガールズバーのようにカウンター越しに接客するお店や、キャバクラのようなボックス席で接客するお店もあります。

同じボックス席での接客でもキャバクラとの最大の違いは、「ドレスの着用やヘアセットが強制ではない」点です。

綺麗めのワンピースやスカートなど私服で働けるため、お仕事するのにかかるコストが少ないのがメリットです。キャバクラでは毎回1,000円ほどかかるヘアセットが必須ですが、ガールズラウンジは身だしなみを整えていればOKなのが嬉しいですね。

時給は関東圏だと5,000円〜東海や関西圏だと3,000円〜と、地域によって大きく異なります。

時給が高い割にはノルマなしのお店が多いのが魅力ですが、そのぶん採用基準は高い傾向です。

ガールズラウンジの意味とは?仕事内容やバイトする上で知りたいこと

ガールズバー

ガールズバーは、カウンター越しにお酒などを作り、お客さんと会話をする夜のお仕事です。

他の夜のお仕事と違い隣に座るなどがないので、夜職未経験の女性でもセクハラの心配が極力なく、始めやすい夜のお仕事であると言えるでしょう。

また、キャバクラやラウンジに比べて女性の採用基準も低く、間口が広い夜職です。

時給は1,500円〜2,000円程度と低めですが、ノルマがなくバックが充実している店舗も多く存在し、出勤調整などもされることが少ないため、コツコツ働くにはおすすめです。

ガールズバーとは?気になるお仕事内容やボーイ(黒服)について徹底解説 ガールズバーのバイト時給の相場は?実際の平均時給や「嘘の時給」の真相を解説 ガールズバーで働く人の年齢は?高校生や20代後半~30代でも働ける? ガールズバーのバイトは危ない?やめたほうがいい危険なお店を教えます

コンカフェ(コンセプトカフェ)

近年最も盛り上がりを見せている夜職の形態、コンカフェ。

「コンセプトカフェ」の略で、代表的なものにメイドカフェがあります。コスチュームだけでなく、接客スタイルや口調などにもコンセプトが決められています。

お店のコンセプトに沿ったコスチュームを着用するため、ドレスの用意やヘアセットの必要はありません。ゲームやアニメ・漫画などの趣味がある方は、お客さんとの会話も弾むでしょう。

昼営業のカフェスタイルのお店と、夜営業のバースタイルのお店に分かれます。

ガールズバーのようにカウンター越しの接客となり、店内のお客さん全員と均等に話すスタイルです。

時給は1,000円~3,000円前後と、地域によって幅があります。ボトルやチェキなどのバックが充実しているお店が多く、営業が得意な子はガールズバー以上に稼げるでしょう。

コンカフェとは?夜職(水商売)?コンカフェ嬢の仕事内容や客層も解説! コンカフェ・ガールズバー・キャバクラ・メイドカフェの違いとは? コンカフェの給料事情|時給はいくら?月収はどれくらい稼げるの? 【闇】コンカフェは危ない?風営法違反・摘発リスクのある違法店に注意!

スナック

スナックはガールズバーと同じく、カウンター越しにお酒や軽食を作り、お客さんとのお話、カラオケなどを楽しむ夜のお仕事です。

キャバクラやガールズバーに比べると疑似恋愛の要素は低く、お客さんをおもてなしし、楽しい時間を過ごしていただくことを重視した地域密着型の水商売です。

また、ご来店されるお客さんもお酒とカラオケが好きな賑やかな方が多く、男性以外にも女性のお客さんも、キャバクラなどの他の夜職に比べると多いと言えるでしょう。

スナックの給料は平均時給1,500円〜1,800円程となっており、大体ガールズバーと同じくらいになります。

スナックとはどんな所?バーやパブとの違いや仕事内容を解説! スナックのバイト求人のお給料は?時給が安い理由まで詳しく解説! スナックで働く人が知っておきたい暗黙のルールと接客マナーまとめ スナックのママとは?給料・年収から仕事内容、心得まで徹底解説!

リゾキャバ(リゾートキャバクラ)

リゾキャバ(リゾートキャバクラ)とは、リゾート地にあるキャバクラのことです。リゾートバイトの夜職バージョンといえるでしょう。

リゾキャバで働く女性の多くは「大金を稼いでやる!」とか「有名キャバ嬢になろう!」という野心はなく、「リゾート地でゆるーくバイトしよ♪」、くらいの気楽な感覚で働いている人が多い傾向です。

多くのリゾキャバでは短期間のバイトで契約しているため、長く働くことを目的にする働き方はできません

そのため、学生やフリーター、正社員として会社で働くことに魅力を感じない人など比較的自由なマインドを持っている人たちが働いています。

リゾキャバを徹底解剖!0円で沖縄の離島や海外へ行けるって本当?!

風俗

風俗は、メンズエステやピンサロなどといった性サービスを提供する夜職です。

お店の中でお客さんをお待ちする「店舗型」実店舗は持たずお客さんのもとに出張してサービスする「派遣・出張型」の2種類があります。

風俗系の給与システムはほとんどが日給制で、完全歩合制か自給でお給料が発生するかの2種類があります。

平均して1日に40,000円~50,000万円稼いでいる女性が多いようです。風俗系の夜職は体を張ったサービスが主なため、頑張れば月給300万円を記録する女性も存在します。

夜の仕事の中で最も高収入を稼げる水商売と言えますが、性病に感染するリスクや望まない妊娠などのリスクがあるため、メリットばかりとは言えないでしょう。

夜職(夜のお仕事)のデメリットとメリット

相談者さん

夜の仕事メリットデメリット教えてください

引用元 : Yahoo!知恵袋

夜のお仕事は、高時給で効率よく稼げる反面、デメリットもいくつかあります。

代表的なものとして、不規則な生活やメンタル面の不調、価値観のズレなど、働く期間が長くなるほど弊害は多くなります。・・・とはいえ、デメリットがある分、夜職にはメリットも大きいのです。

目標をしっかり立て、自己管理を徹底すれば、夜職の恩恵を最大限に受けられるでしょう!

夜職のデメリットとメリットを正しく理解しておくことで、メリハリをつけた働き方ができます。以下で詳しく解説しますね♪

デメリット1.不規則な生活になりやすい

夜のお仕事は基本的に、始発で帰り夕方に起きるという、普通のOLさんと真逆の生活を送らざるを得ない環境です。

人間の体は朝日を浴びると活性化するようにできているため、眠れない、食欲が出ない、といったことが起こることもあります。

また、食事もお客さんとの同伴・アフターで食べる、店内でのおつまみをいただくということが珍しくないので、当然食べる時間もズレますし、不規則な生活から太りやすくなる傾向があります。

デメリット2.心を病みやすい

夜職は、男性の恋愛感情や独占欲を刺激しお金を使ってもらうことが重要な仕事です。

そのため仕事柄、変なお客さんに付きまとわれたり、ネット上で悪口を書かれるということも珍しくありません。

また夜職の大半は、指名争いや金払いのいいお客さんをどれだけつけるかということがお給料に直結する世界です。

そのため、意図せず他の女性を指名していたお客さんを盗ってしまった、長く在籍している女性よりも売り上げを伸ばしてしまったといったことで、トラブルの元や、派閥が生まれ、人間関係が悪くなり病むことも多いです。

デメリット3.一生の仕事には出来ない

夜のお仕事は、ほとんどが女性の若さを切り売りしたお仕事です。

そのため、ある一定の年齢になると

  • 指名されなくなり稼げない
  • 店舗との契約が切られる

など「定年」が早いことも夜職ならではです。

コミュニケーションスキルや愛嬌など容姿・年齢以外のところでお客さんを長く引きつける女性も稀にいますが、ほとんどの場合は年齢を追うごとに売上が伸びなくなり、やめていく運命にあります。

水商売は歳をとったら引退?キャバ嬢を辞めた後&続けた時の末路は?

デメリット4.社会的信用度が低い

夜職で働く女性は、社会的信用度に欠けることは否定できない事実です。

身近なところで言うと、

  • 審査が通りにくく賃貸契約が結べない
  • 不安定な収入のためクレジットカードが作れない

などです。

また、夜職の女性はどうしても派手で男性を手玉に取っていると考える方も多いため、実際にそんなことはなくても「軽い女」だと見られてしまうこともあります。

水商売は賃貸の審査に通らない?借りれない理由や審査通過のためのコツ

デメリット5.一般女性と価値観がズレる

夜のお仕事は一般企業に比べ、比較的気楽に高収入を得られる側面もあります。

またお店によりますが、夜職女性はハイスペックな男性と知り合えるチャンスにも恵まれており、ブランドもののプレゼントや高級料理店に連れて行っていただけることも、一般女性よりも夜職女性の方が多いのも特徴です。

そのため夜職女性は、金銭感覚や男性への価値観、高級品など物への価値観がずれてしまうというデメリットもあります。

メリット1.高収入

夜のお仕事のメリットは、なんといってもその収入の高さです。

一般職では自給以上の稼ぎを得るお仕事は少ないですが、夜職ならほとんどが「ドリンクバック」や「指名バック」など、バックと呼ばれる数多くのインセンティブがあります。

そのため、努力次第で時給以上の稼ぎを得ることが可能になります。

メリット2.美意識が上がる

夜のお仕事は、お客さんから常に見られている上、容姿や振る舞いが指名につながり、女性自身のお給料にも直結するという特徴を持っています。

そのため夜のお仕事をしていると、自然と美意識が上がり、綺麗でい続けることができます。

また、夜の仕事はお客さんからよく「かわいい」「綺麗」などのお声をかけていただけるため、美しさを保つモチベーションも自然と上がります。

メリット3.人脈を作れる

夜のお仕事は様々なお客さんがご来店され、さらにじっくりとお客さんと会話ができるというメリットがあります。

そのため、一般職に比べて人脈を広げることも比較的簡単で、気に入られやすいという側面を持っています。

お店や立地によりますが、夜職では経営者や役員、芸能人などといった一般職ではなかなかお会いすることのない職種のお客さんと接点が持てるため、将来「芸能活動をしたい」、という野望がある女性は、夜のお仕事がお勧めできます。

メリット4.人生に役立つ情報を得られる

夜職の仕事内容は、主にお客さんとの会話です。

そのため、様々なお客さんの失敗談、成功談を聞くことができ、夜職を辞めた後や夜職を続ける上でなど、人生に役立つ情報を多く得ることができます。

またお客さんの中には、夜の仕事で働く女性の相談に乗ることが好きという方も稀にいます。

そのため、人生に役立つアドバイスや成功者の成功の秘密を聞くといった、一般職ではなかなか聞くことができないお話を聞けるのもメリットであるといえます。

メリット5.玉の輿に乗れるチャンスが多い

夜のお仕事には、立地や夜職のジャンルを問わず、経営者や会社役員、高収入会社員といったハイスペックな男性がいらっしゃることも珍しくありません。

夜職は、同伴やアフターなどのデートのような制度もあり、疑似恋愛を楽しんでいただく場所という側面が強いため、男性が惚れやすい条件も揃っています。

ハイスペック男性に惚れてもらい、思いがけない玉の輿に乗れることもあるかもしれません。

夜職(夜のお仕事)の求人を探す方法

相談者さん

夜職ってどうやって始めるんですか??

引用元 : Yahoo!知恵袋

夜職の求人は、スカウトマンに紹介してもらうほか、今はSNSや求人サイトで自主的に応募することもできます。

どの媒体を使うかでお給料が変わったり、採用に差が出たりもします。それぞれの特徴を理解し、自分に合った方法で探してみてくださいね!

夜職・夜の仕事専門の求人サイトから応募する

夜のお仕事を真剣に探すのなら、やはり夜職専門の求人サイトを見た方が多くの求人に巡り会えますし、効率的といえるでしょう。

特にナイトワーク求人を専門にしている老舗の求人サイト「体入ドットコム」は専門というだけあり、夜のお仕事の情報に特化しているため、一般職のバイトも入り乱れる求人サイトを見るよりも効率的に求人探しが可能です。

体入ドットコムサイト画像「体入ドットコム」ってどんな求人サイト?安全に利用できる?

SNS上の募集から応募する

夜職の求人情報は店舗のSNSからでも得ることができます。

「ここで働きたい!」と狙っている店舗がある場合は、水商売求人サイトを見るよりSNSの方が、大型の募集ではなく「バーテンダー1名募集」や「フロアレディ3名募集」などといった、限定的な求人情報をいち早くゲットできる場合があります。

しかし、夜のお店が運営するSNSは、お店は営業をしているのに情報の更新が止まっていることも珍しくありません。

限定的な募集を求めてSNSをチェックしていても、時間だけを無駄にするということも十分にあり得るのです。「最新投稿がいつ投稿されているか」を確認して「まだ生きているアカウントか、放置されているアカウントか」を判断すると良いでしょう。

スカウトマンに紹介してもらう

スカウトマンは、知人のつながりなどで知り合った女性を、自分の提携しているお店へと紹介する仲介人のような役割を持っています。

スカウトマンは紹介した女性がその夜職で働き続けている間、売上の数%がバックとして懐に入るので、売り上げを上げられそうな容姿端麗な女性や、長期で働いてくれそうな根性のある女性を好んでスカウトしようとします。

しかし、スカウトマンのほとんどが男性な上、提携しているお店やスカウトマンの質など、心配は少なくありません。

注意点

夜職デビューにスカウトを利用すると「色恋で沼にハマる」、「提携しているお店の質が悪かった」、「辞めたいのに辞めさせてもらえない」、「給料からの天引きが多い」など、要らぬトラブルに巻き込まれる可能性も!

キャバクラなど夜職のスカウト基準とは?仕組みやメリット、違法性について