スナックのバイト求人のお給料は?時給が安い理由まで詳しく解説!

スナックといえば、営業形態はバーに近く、夜職の未経験者や初心者でも比較的安心して働けると言われる業種です。

でも、夜職で働くからには、働きやすさだけではなく、もちろんお給料も気になりますよね。

また、現在スナックで働いていて、相場に比べて実は自分のお給料が安いのでは?と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、

・平均時給

・地域別の相場

・夜職の中でも時給が安い理由

・時給を上げる方法

など、スナックのお給料にまつわる話題にポイントを絞って解説します。

業種の多い夜職では、人それぞれ向き不向きがあるので、たとえスナックの時給が他の業種より安いとしても、仕事内容やお店の雰囲気が、自分に向いていると感じる場合もあるでしょう。そんな時、働くかどうかの判断基準にしてもらえれば幸いです。

お給料の観点から見えてくるスナックの世界も興味深いですよ。

ぜひ一読してみてください!

スナックとはどんな所?バーやパブとの違いや仕事内容を解説!

スナックのアルバイトの平均時給

相談者さん

スナックのアルバイトの時給の相場っていくらくらいなんですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

地域にもよりますが、スナックのアルバイトの平均時給は、概ね1,500円~1,800円あたりです。営業形態が似ているガールズバーと同じくらいになりますね。

ガールズバーのバイト時給の相場は?実際の平均時給や「嘘の時給」の真相を解説

一般的な飲食店のアルバイトと比べるとそこそこ高いですが、他のナイトワークの営業形態であるクラブやキャバクラ、ラウンジと比較すると安い水準です。

地域差は?

都市部では比較的高く、2,500円以上のところもありますが、地方や中心地から離れたところでは、1,100円という店舗もあります。

また、平均年収でみると300万円弱になります。

サービス・販売系やホテル・宿泊系の職種と同程度の水準です。

ちなみに、日本の全ての職種の平均年収が420万円ほどなので、それに比べると100万強少ない額になります。

地域別スナックの平均時給

次に、スナックの地域別の平均時給の紹介です。

北海道・東北:1,780円

都道府県平均時給
北海道1,850円
宮城県1,710円

関東:2,780円

都道府県平均時給
東京都2,700円
神奈川県2,300円
埼玉県2,550円
千葉県3,350円
群馬県3,800円
栃木県2,750円
茨城県2,000円

東海:1,850円

都道府県平均時給
愛知県2,050円
岐阜県1,710円
静岡県1,700円
三重県1,930円

関西:2,490円

都道府県平均時給
大阪府2,650円
京都府3,000円
兵庫県2,400円
奈良県1,900円

中国:1,830円

都道府県平均時給
広島県1,840円
岡山県1,810円

九州:1,880円

都道府県平均時給
福岡県2,000円
長崎県1,790円
大分県1,660円
熊本県2,060円

主にナイトワーク専門の求人サイト「体入ドットコム」の求人からデータを取っているので、比較的高めの平均となっています。

運営事務局
運営事務局

また、都道府県によって元になるデータの数が違うので単純な比較はできませんが、地域別の傾向は見えてくるので参考にしてみてくださいね。

実際どれくらいのお給料になる?

では、実際に勤務したら、どれくらいのお給料になるのでしょうか?

ここで、具体例を挙げてみます。

例えば、時給1,700円と時給2,700円で、アルバイトで働く場合を比較してみましょう。

時給1,700円時給2,700円
日収(1日5時間)8,500円13,500円
月収(週3日で4週間)102,000円162,000円
年収(月収×12か月)1,224,000円1,944,000円

なお、引かれ物として上記の額に所得税がかかります

所得税は基本的に10%です。

所得税を減額する方法もありますが、詳しくは税理士などの専門家に相談しましょう。

また、衣装代や送迎代など、他の引かれ物があるかどうかについては、お店によって様々です。例えば、送迎代無料のお店もあれば自腹のお店もあります。

お店によって千差万別なので、ここでは省きましたが、面接の際この点もよく確認しておくべきです。

働く際には、時給ばかりに目が行きがちですが、引かれ物にも注意しておく必要があります。後から、引かれ物が多いことに気づき、収入の算段が狂うことのないようにしましょう。

スナックのお給料が安いのはなぜ?

相談者さん

キャバクは、あんなに高いのに
なぜ、スナックはあんなに安いのですか?

ボトル入れてたら、閉店までいても、あり得ないほど安いのですが。

引用元 : Yahoo!知恵袋

スナックのお給料が他のナイトワークに比べて安いのには訳があります。

料金設定やバックの制度がクラブやキャバクラと異なり、どうしても時給が低くなるので、とにかく稼ぎたい女の子には不向きです。

ここでは、お給料が安い理由を解説していきます。

そもそもの料金設定が低いから

スナックでは、そもそもセット料金が低く設定されています

だいたい1時間あたり3,000~4,000円程です。

高いお店でも7,000~8,000円なので、キャバクラやクラブと比べると安い料金設定になります。

ちなみに、キャバクラでお客さんがウン万円使うことはザラですが、スナックではそういうお客さんは稀です。

また、スナックでは客単価が安いだけでなく、回転率もあまり良いとは言えません。

会話やカラオケで長時間盛り上がったりもするので、どうしても回転率はそれほど上がりません。回転率が良くないということは、それだけお店の収入にも影響します。

料金設定が低く回転率も良くないということは、その分お客さんが落としていく金額も少なくなります。

お店に入ってくるものが少なければ、当然出ていくものを絞らなければならないので、スナックのお給料は安くなるという仕組みです。

スナックでは基本的にバックが設定されていないから

基本的にスナックでは、同伴やドリンクなどのバックの制度がありません

ただまれに、1杯100~200円といったドリンクバックを設定しているお店も存在します。

スナックは、お酒を飲んでナンボという業種ではなく、常連さんやリピーターの割合が高く、お酒を飲むことよりも、キャストやママ・お客さんとのコミュニケーションが重視されるので、ほとんどのお店でバックのシステムがありません。

バックがないということは、時給にプラスの収入が期待できないので、稼ぐという点でスナックは不利になります。

あまりにも時給が高い・低いスナックには要注意!

相談者さん

至急ですが、スナックの時給4000円は怪しいですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋
時給が高い場合

求人募集を見て、あまりにも相場より時給が高いお店には注意が必要です。

相談者さんの場合、都市部の相場と比べてもかなり高いので、怪しい匂いがプンプンしますね。

スナックだと思っていざ働き始めたら、ほぼキャバクラと変わらない営業形態だったりすることもあります。

その場合ノルマやお客さんへの営業などが課されるのに、時給はキャバクラほど高くはなく、スナック並みのお給料に抑えられてしまう可能性もあります。

同じ仕事内容ならいっそキャバクラで働いた方が稼げる、なんてこともあるでしょう。

人を集めるために高い時給で釣っておいて、実際には安い時給で働かされることもあります。

相場よりあまりに高時給の求人は、最初から無視するか、面接の際に高時給の理由をしっかり聞いておくことが重要です。

時給が低い場合

また、相場よりあまりに時給が低い場合も問題があります。

相場を知らずに安い時給で働き始めた場合にありがちなケースです。

ママや店長がキャストのことを使い捨ての駒くらいにしか思っていないか、経営状態が悪く、相場の時給を払うことができないということが考えられます。

そうしたお店は、遅かれ早かれ潰れる可能性が高いので、一刻も早く別のお店に移ることをおすすめします。

スナックでお給料を上げるには?

時給の安いスナックでも、もちろんお給料を上げることはできます。

ですが、お給料を上げるためにはコツが必要です。

ここでは、そのコツを解説していきますね。

ママや店長にアピールする

何といっても、ママや店長へのアピールが大事になります。

彼らが給料面・待遇面などを全て管理しているので、気に入ってもらえないことには始まりません。

アピールするポイントは以下の通りです。

  • 何事も率先して仕事をする姿勢を見せる
  • 目立たないところでも手を抜かず、きっちり仕事をする
  • 普段からこまめにコミュニケーションをとる

もちろん、表面的な姿勢を見せるだけではいけません。実際に自分から動いて、分からないことはしっかりと聞き、気づいたことがあればどんどん提案していきましょう。

また、目に付きやすいところはもちろん、目立たないところも意外と見られているもの。

逆に、細かいところを見ることができないママや店長のお店は辞めたほうがいいくらいです。デキる責任者は、目立たないところもちゃんと見てますよ。

なお、やたらアピールすればいいというものではなく、こまめなコミュニケーションやちょっとした気遣いなどで、ママや店長と、日頃から良好な関係を築いておくことが大事になります。

努力が認められたり、売上がアップする結果が出たりすれば、お給料を上げてもらうことができるでしょう。

運営事務局
運営事務局

しっかりした仕事と日頃のコミュニケーションで、ママや店長のハートをガッチリ掴むことが肝要です。

また、スナックは個人経営や小規模なお店も多く、ママ=店長ということも普通。その場合は、ママとの関係性がより重要になります。

もし、長く頑張って働いても、お給料を上げてもらえない場合は、ママや店長に一度相談してみるべきです。

納得できる回答をもらえなければ、お店を辞めるという最後のカードを切ってみましょう。

それでも取り合ってくれなければ、別のお店を探すことをおすすめします。

働くスナックを変える

お給料を上げるためには、働くお店を変えてしまってもOKです。

低い時給からのスタートでは、どんなに頑張っても、なかなか上げていくのは難しいもの。

確かに、お給料の相場はありますが、都市部では時給2,500円以上という店舗もあります。

最初からそういう高時給のお店を狙っていくか、ハードルの低い安い時給のお店で働いて経験を積んでから、高時給のお店に変えるといいでしょう。経験値がある女性は歓迎されます。

高時給のスナックは・・

ただし、高時給のスナックの場合、相応の厳しい条件が課される可能性が高いので注意が必要です。

まとめ

ここまで、スナックの時給について深堀りしてきました。

スナックは、確かにお給料だけみればクラブやキャバクラと比べて見劣りしますが、

  • 基本的にノルマがない
  • 比較的30~40代のキャストも多い
  • アットホームな雰囲気で働ける

などの利点もあります。

そのため、自分の向き不向きをきちんと確かめる必要があります。

ただ頭だけで考えても正解は出ないので、興味があれば実際に働いてみるといいでしょう。自分に合わないと感じたら、業種や店舗を変えればいいだけです。

たとえ、その業種や店舗が合わなかったとしても、その経験が別のところで必ず役に立ちます。無駄な経験というものはありません。

ナイトワークは入れ替わりの激しい世界なので、変にしがらみにとらわれることなく、後悔しない選択をしていきましょう。