ナイトワークのお悩み解決サイト

水商売は歳をとったら引退?キャバやガルバを辞めた後どうする?お客さんとの関係は?

キャバ嬢やガールズバーキャストなど水商売の女性は、若さを切り売りしてお金をもらっている側面も強くありますよね。

そこで気になるのが、歳をとったらキャバ嬢・ガールズバーキャストは引退しなくてはいけないのかということ。

水商売が向いている女性の中には、キャバクラなどを辞めた後に「他の仕事を始める」なんて考えられない方もたくさんいます。

また、水商売で得た人脈は利用するべきか切り捨てるべきか、悩ましい部分もありますよね。

運営事務局
運営事務局

この記事では、そんな「検索してもなかなか出てこない絶妙なお悩み」をまるっと解決していきます。

水商売で歳をとったら何をするかは自分次第

相談者さん

水商売してた方、30歳過ぎたりして辞めた方はその後どんな仕事してますか?

私は今33です水商売を10代からしていますが自分でお店もちたい気持ちもないのでいつか年齢的に水商売では働けなくな
ると思ってます、しかしやりたい事がなく結婚して子育てがしたい願望もなく、これからどんな仕事をしたらいいのかわかりません(´._.`)
結婚はするのかもしれないですが結婚したら35歳過ぎても働くとこてあるんですか?
ずっと水商売(雇われ)で働けてたらいいのに容姿も普通なので若いうちしか華がない職業なんですかね(´._.`)

引用元 : Yahoo!知恵袋

結論から言うと、水商売を辞めた後に何をするのかは自分自身が決めなければなりません

「決められないから悩んでいるのに!」との声が聞こえてきそうなので補足しておきますが、この場合、将来の進路を決めるためには、少し立ち止まって考える必要があるということです。

キャバクラ・ガールズバーなどの水商売の仕事を続けていきたい気持ちのどこに原動力があるのか。

それを探ってみると、楽しいと感じられる他業種の選択肢が見えてくるかもしれません。

他業種の選択肢とは?

例えば、「高収入」という理由であれば、資格を取得して現場職で活躍することもできるかもしれませんし、「飲みながら営業できる」が理由であれば、酒屋やバーテンダー、また思い切って黒服(ガール)に転身してみるのもいいかもしれません。

またキャバ嬢であれば、18歳〜35歳くらいの女性が中央値ではあるものの、年齢制限自体はないためいつまでも続けることができます。

  • 接客力を磨きキャバ嬢を続ける
  • キャバクラ引退後に年齢層の高いクラブや熟女パブ、スナックであらたに活躍する

という選択肢も存在します。

一方で、キャバクラ・ガールズバーなどの収入が高い仕事でコツコツ貯金をしたり、お客さんとのコネクションを利用したりして、エステサロンやネイルサロンなどの「お店を自分で開く」ことも不可能ではありません。

水商売引退後におすすめな職業

「やりたい仕事がいまいちわからない…」

「他の仕事を知らないからピンとこない…」

といった女性のために、キャバクラ・ガールズバーで働くキャストが水商売を辞めた後におすすめできる職業を以下で詳しく解説していきます。

接客・サービス業

「人と話すこと」がキャバクラ・ガールズバーで働いていることの原動力になっている女性は、辞めた後に接客・サービス業に転職するのが向いています。

接客・サービス業では、水商売で培った営業スマイルと会話スキルが最も光りますし、クレームが来たときにそつなく対応できる水商売ならではの肝っ玉も存分に発揮できます。

営業

実は、キャバクラ・ガールズバー・スナックの女性が辞めた後に始める他業種の中で、営業職が最も多いと言うのはご存じでしたか?

「頑張りが給料に反映されること」が水商売で働く原動力の女性は、営業が向いています。

営業職では、シャンパンをねだるように相手を誘導して商品を買ってもらったり、会話を駆使して顧客の懐に入り込むなど、水商売で培った技術を存分にふるえる場面が多くあります。

営業ノルマを達成した時などにインセンティブが入るため、頑張るほどお金につながるという点も、水商売を辞めた後に他業種で馴染みやすい共通項です。

また、営業職で相手をする顧客の半分以上は普段キャバクラ・ガールズバーなどに飲みにきているお客さんと同世代であるため、扱い方がすでにわかっていると言うのも強みになります。

美容関連

「綺麗でいられること」が水商売で働く原動力である女性には、美容関連が最適です。

キャバクラ・ガールズバーでは自分自身こそが商品であるため、常に「人から見られている」意識を高く持ち、似合うメイクやヘア、ファッションに気を配る必要があります。

人によってはそういった努力が性に合わず苦しみと感じる方もいますが、美しさを磨くことに楽しみが見出せる人は、水商売を辞めた後はデパコスの美容部員など接客とコスメに携われるお仕事がおすすめです。

見せる仕事であるキャバクラ・ガールズバーで培った「似合わせ術」を存分に発揮し、お客さんにアドバイスをする立場になれます。

秘書

「お客さんへ気遣いをすること」が水商売のやりがいと感じていた女性には、秘書が向いています。

資格が必要で難しそうな印象がある秘書業ですが、水商売は「気配り・目配り・心配り」が大切な三原則と言われていたため、水商売で上手く立ち回れる女性であればあるほど秘書としての才能を眠らせていると言えます。

また秘書業では、書類整理や来客・電話対応、スケジュール管理などさまざまな業務が含まれているため、キャバクラを辞めた後でも、キャバ嬢をしているときに税金を浮かすためにおこなっていた「青色申告」でつけた知識、どんな相手に対しても笑顔で丁寧に対応できること、同伴・アフターで身につけたスケジュールの調整力など、あらゆる場面で経験が活きてきます。

人気キャバ嬢の引退後の活動

キャバクラ・ガールズバーを辞めた後にはどのような道があるのか、具体的に想像して身構えておきたいという女性も多いのではないでしょうか。

特に、キャバクラを辞めた後「何かして働きたい、でも何もイメージが湧かない」と感じている女性は少なくないはずです。

運営事務局
運営事務局

ここでは先輩売れっ子キャバ嬢がキャバクラを辞めた後、どのような仕事を始めたのか、紹介していきます。

愛沢 えみり

新宿歌舞伎町にある高級キャバクラ「FOURTY FIVE(フォーティーファイブ)」でナンバーワンに輝いていた愛沢えみりさんは、キャバクラ引退後、アパレルや美容クリニックを経営する敏腕経営者へと華麗なる転身を遂げました。

特にアパレルブランド「EmiriaWiz(エミリアウィズ)」は、愛沢さんがキャバクラに在籍している時から経営しているので、水商売を辞めた後のビジョンを描いて準備をしていたのかもしれませんね。

愛沢えみりさんは、キャバ嬢をやりながらファッションモデルも同時進行で進めていたハードワーカーで、水商売を辞めた後はモデル業からも身を引いています。

現在はアパレルの経営以外にも、美容クリニックやアイドル、キャバクラ店舗のプロデュース業も行っており、YouTuberとしても活躍されています。

小川 えり(エンリケ)

シャンパンの「直瓶イッキ」で一躍有名となったエンリケこと小川えりさんは、美容サロン、シャンパンバー、すし店、質屋、派遣サービス、空間プロデュースなど、業界を跨いで多数の事業で活躍する経営者です。

エンリケさんは自身の知名度を活かし、キャバクラを辞めた後にキャバ嬢の営業テクニックなどを発信するYouTuberとしても活躍しています。

また、複数事業を走らせる傍ら「かりそめ天国」や「じっくり聞いタロウ」「ミヤネ屋」「サンデージャポン」など、民放テレビへの出演なども多数果たしており、その知名度はとどまるところを知りません。

ご本人の体力もすごいですが、全ての事業が好調に進んでいる頭の良さと話題性にも感心するばかりです。

水輝聖羅(みずきせいら)

水輝聖羅さんはキャバ嬢をやりながら「小悪魔ageha」でモデルとして活躍し、キャバクラを辞めた後はアパレルブランド「ROSEtte(ロゼット)」を立ち上げ、モデルと社長を兼任しています。

すらりとした華奢なスタイルに大きな目、小さな顔といった、女性たちの憧れが詰まった容姿をしているため、アパレルブランドの人気も「発売したら即完売」してしまうようです。

最近はコートなどを自分自身でデザインすることもあるなど、デザイナーとしても頭角を現しています。

進撃のノア

大阪の北新地で活躍した進撃のノアさんは、ニュージーランドの高校へ単身留学した経験があるほか、大学を中退してキャバ嬢デビューを果たすなど、風変わりかつ芯の強い経歴の持ち主。

キャバ嬢としてみるみる頭角を表した進撃のノアさんは、キャバクラ在籍時からテレビなどで特集されるなどトップランカーのキャバ嬢でした。

2018年に23歳でキャバクラを辞めた後は、キャバクラを複数展開する大手グループ・エースファクトリーに就職し、「CLUB REIMS(クラブランス)」の社長として活躍しています。

進撃のノアさんは、自身の知名度と社長という側面を生かし、マネジメント術などを伝授する書籍も多数発行しています。

優月美羽(ゆづきみう) 

新宿にある高級キャバクラ「Gentleman’z Club(ジェントルマンズクラブ)」に7年以上勤め、最後は水揚げ(結婚)という形で水商売を辞めた優月美羽さん。

辞めた後、事業を立ち上げるなどで活躍するキャバ嬢が多い中、優月美羽さんだけは「主婦」として第二の人生を歩んでいます

優月美羽さんの日々はInstagramで公開されているので誰でも閲覧できますが、毎日の小さな幸せを旦那さんと分かち合っている様子が窺い知れます。

優月美羽さんの生活は、「水商売を辞めた後までガツガツ行動したくないな…」と考えている女性の希望の星でもありますね。

門りょう

大阪のキャバクラ激戦区北新地にあった「CLUB MON(クラブモン)」で、長年ナンバーワンキャバ嬢として活躍してきた門りょうさん。

※「CLUB MON(クラブモン)」は門りょうさんがキャバクラを引退した際に閉店しています。

高級シャンパン「アルマンド」を日本一おろし、“アルマンドねえさん”という異名がついたことでも有名です。

妊娠・結婚を機に水商売を辞めましたが、旦那さんとは程なくして離婚し、シングルマザーとして息子さんを育てています。

キャバクラ引退後の現在は、YouTubeでの活動をはじめ、在籍していたキャバクラの母体である「エースファクトリー」の副社長として、複数のキャバクラを運営

それと同時に自身が設立した「株式会社モンロー」でヘアケア商品を発売するなど、シングルマザーとは思えないほど精力的な活躍をしています。

葉月 芽生(はづきめい)

超有名高級キャバクラ「美人茶屋 六本木店」でナンバーワンキャバ嬢として輝いていた葉月芽生さんは、大盛況のラストデーを最後に12年のキャバクラ生活に幕を閉じました。

キャバクラを辞めた後の葉月芽生さんは、カジュアルウェアブランド「MAYLENE(メイレン)」を設立し、モデル兼社長として活躍しています。

葉月芽生さんは昼職のことを何も知らない状態で事業をスタートさせたとインタビューの中で語っていますが、キャバ嬢時代からお客さんの話に食らいつくために学びを怠らなかった「勉強家」の一面が功を奏し、ビジネスマナーやパソコンスキルについて日々学びながら奮闘しているそうです。

キャバクラやガールズバーを辞めた後の客との関係・対応

相談者さん

キャバクラやガールバーで働いた事ある女性に ご質問です。
職場を退職した後、退職を知った指名のお客さんは100%の確率で連絡を続けてきますか?
引退後は、夜の客は綺麗サッパリ忘れますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

キャバクラ・ガールズバーをはじめとした水商売を辞めた後、気になるのは「お世話になったお客さんとの関係」ですよね。

水商売歴が長ければ長いほど馴染みのお客さんはお金を使ってくれているわけですし、「連絡を続けなくてはいけないのでは?」と不安に思っている女性も少なくないでしょう。

しかし結論は「切りたい人は切ってよし!」といたってシンプル。

水商売のお客さんの中には辞めた後もまめに連絡をくれる方もいますが、その中でもノリが合う人、距離感が微妙な人など様々なタイプがいますよね。

人によっては連絡を取り続け、もしまた水商売に戻った時に最初のお客さんにしようと考える女性もいます。

またお客さんとしてではなく、お食事だけを楽しむ友達になるケースや交際や結婚へ関係性が発展することもあります

完全にリスタートしたいという人は、水商売時代に使用していたLINEやSNSのアカウントを消して再スタートを切る人もいます。

水商売を辞めた後は、売上やノルマに縛られないため、お客さんとの関係性も自由に取捨選択していいのです。