ナイトワークのお悩み解決サイト

キャバクラの風紀とは?違反の基準と2人の関係がバレた時について

キャバクラ経験者なら「風紀(ふうき)」という言葉をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は「風紀違反は罰金50万円!?」、「あの子、前の店で風紀してやめさせられたらしいよ」、「うちの系列のキャバクラは、風紀にはかなりうるさいからね~」なんて会話でよく登場する、キャバクラの「風紀」のお話です。

・風紀ってそもそも何?
・キャバ嬢が風紀するとどうなるの?
・どこからが風紀なの?
・風紀違反の罰金って本当にあるの?

などを解説します。

キャバ嬢をやるなら“風紀って何か知らなかった”では済まされない大切な業界ルールの1つです。当記事を参考に、うっかりトラブルに巻き込まれないように気をつけてくださいね。

キャバクラの風紀とは?

風紀と聞いて思い出すのは、中学や高校にあった風紀委員!という人もいるかもしれません。キャバクラでの風紀は、世間でいう風紀とはちょっと意味が違うんです!

キャバクラの「風紀」は簡単に言うと、キャバクラ版「職場恋愛」のことで、店の関係者(ボーイ・黒服・スタッフ)とキャバ嬢の間で恋愛すること、付き合うことを意味しています。

キャバクラは、お客さんがお気に入りの女の子との疑似恋愛や色恋の駆け引きを楽しむ場でもあります。そんな職場で身内が本気で恋愛をすれば、いろいろともめ事になります。

トラブルのもとにもなる職場恋愛は「風紀を乱している」→これが縮まって、業界ルール「風紀」となりました。

つまり、キャバクラでは「風紀する」「風紀違反」といえば「職場恋愛している」という意味になります。

大半のキャバクラでは風紀は禁止されていて、違反すると厳しい罰則・罰金があるのが通例です。契約時に誓約書を書かせる店も多く、風紀した男女両方が重いペナルティを受けます。

風紀と色恋営業とはまったく違う!

キャバクラ用語で、風紀とよく勘違いされる用語に「色恋営業(イロコイエイギョウ)」があります。

色恋営業は職場恋愛ではなく、客を対象としてキャバ嬢が恋愛(のフリ)をすることなので、恋愛の対象が違うため、まったくの別物です。

色恋営業は色恋の駆け引きを使ってお客さんをつなぎとめたり、来店率アップを狙ったりするための、キャバ嬢としてのテクニックの1つですから、店側に禁止されることは普通はありえません。

キャバ嬢が色恋営業をかける意味とは?営業スタイルについても解説!

風紀と色恋管理とはビミョーに違うが結果は大違い!

もう1つ、風紀と勘違いされやすい用語に「色恋管理(イロコイカンリ)」があります。

色恋管理は、お店のスタッフ(多くの場合、担当の黒服やマネージャー、店長など)がお店のキャバ嬢と男女の関係になり、女の子の恋愛感情を利用して、お仕事への意欲をコントロールする、いわば店側の人材管理テクニックの1つです。

色恋管理は、職場恋愛なので周囲にバレれば当然、風紀違反ということにもなります。しかし、色恋管理は店側も黙認していて、こっそり実行されるということもよくあるため、その差はビミョーです。

人気の高い女の子などを対象に色恋管理に成功すると、店の売上アップにつながるため、店側にはメリットのほうが大きいという事情もあります。

女の子のほうからすれば、風紀も色恋管理もデメリットしかありません(色恋管理されているほうが幸せな、M体質の人は除く…)キャバ嬢として稼いでいくためには、「風紀」も「色恋管理」も、どちらにも気を付けたいですね!

悩めるキャバ嬢必見!黒服(ボーイ)にされてるコレって色恋管理?

キャバクラの風紀違反の基準とバレた時について

キャバクラ勤務とはいえ、そこは男と女の気持ちも入り組む世界。風紀に関する悩みはとても多く寄せられています。

ここから先は、キャバ嬢たちの風紀に関するお悩みをみていきます。読んでもらえれば、キャバクラの風紀とはどういうものかよくわかるでしょう。

風紀の基準は?どこからが風紀?

相談者さん

キャバクラの黒服風紀について
LINE交換して話すのも罰金くらいますか?

風紀はどこからアウトなんですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

そもそも、どこからが風紀になるのか?っていう質問はとても多いです。

どこからが風紀になるかは、はっきり言ってその店ごとのルールによるので、LINEの交換や車に乗った程度ならセーフな場合も多いでしょう。

しかし、風紀というのはそもそもお店を守るために設定されているルールです。

  • 関係者(特に客)に怪しまれるレベルの関係や、勤務態度に出てしまっていれば、ほぼアウト
  • ラインの会話や外で合っていた様子など、証拠を掴まれてしまったら、即アウト
  • 男女どちらか(特にボーイ側)が問い詰められてしゃべってしまえば、結局アウト

このように思っておいたほうがよいでしょう。

したがって、お客さんや店舗関係者に『ボーイとラブホテルに入った現場を見られた(身体の関係を彷彿とさせる)』、『ボーイと二人で密室でお酒を飲み、体を密着させている現場を見られた(どうみても恋人同士の距離感)』などの証拠が出た時点でアウトとなり言い訳できません。

風紀がバレたらどうなる?罰金を払わないとダメ?

相談者さん

風紀罰金の件について
キャバクラで以前風紀してもう別れていますがそれをバレて給料合計でもう50万くらい取られてるんですけど生活が苦しくなって月10万も引かれてて流石にもう別の店移って稼ぎたいのに払い終わるまでやめさせないと言われたのですが訴えたり弁護士雇えば勝てますか?なんなら罰金制度なんて違法だから今までの分返ってきたりお金とれますかね?

引用元 : Yahoo!知恵袋

風紀がバレると、誓約書などに従って罰金を命じられたり、ペナルティを受けます。

  • 女の子は罰金、穏便に済ますなら店は辞めず、その後の給料から引かれる例も多い
  • 黒服(男)側は、罰金とられて即クビ。昔ならもっとひどい目にあったという噂も
  • 系列店があれば、移籍というパターンあり。ただし罰金などのペナルティはある
  • 人気の(売り上げが大きい)キャバ嬢ほど、罰金額が高くなる傾向あり

さすがに最近は業界もコンプライアンスが進み、風紀した黒服が裏で暴力を振るわれるような例は減っているようですが、罰金制度は残している店が大半です。

風紀がバレて罰金を命じられたとはいえ「本当に罰金を支払う必要があるのか?」という疑問が沸いてくると思います。

厳密にいえば、罰金の誓約書も法律的にはグレーなので、無効を訴えて民事裁判に勝てば、実際の店の損害を超えるような罰金は無効にできる可能性があります。

しかし、弁護士への相談料と裁判費用だけでも数十万円かかるのは確実で、たとえ50万円ほどの罰金分を取り返したとしても、裁判費用の補填に消えます。

損害賠償請求などではないので、裁判費用を上乗せすることも難しく、しかも裁判に勝てるとは限りません。(店側に売り上げ減の証拠を揃えられて、裁判に負ける可能性もあります。)

こうした事情も全部わかっていて、50万円~100万円の罰金制度が慣例的に残っているのでしょう。契約書にサインしてしまえば、法的にも不利です。

もしも、数百万円など異常に高額な罰金なら無効な可能性もあるので、ユニオンや弁護士に相談してみるとよいと思いますが、逆に、風紀違反だけでそのような法外な罰金額はあまり耳にしません。

いずれにしても、風紀違反は店側も放置はできず、売上げや店のイメージに直結する死活問題でもあるので、厳しい対応が待っています。キャバクラ業界で働くなら、風紀違反が何を意味するのか理解しておく必要はあるでしょう。

恋人をキャバ嬢として入店させたら風紀違反になる?

相談者さん

キャバクラの店長やボーイと元々恋人で、その人のお店にキャストとして本入店する場合って風紀になるんですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

店長やボーイが、自分の「本命」彼女をわざわざ自分の店で働かせるでしょうか?

風紀のリスクを考えると普通はあり得ません。ただ、店のオーナーなどが了承していて、お客さんには絶対に隠し通すことを前提にしているならあり得るかもしれませんね。

つまり、入店時に周囲から公認を得ているなら風紀ではありませんが、入店時で秘密の関係であれば、バレたら風紀違反確定です。それか、はじめから男性にとっては本命彼女ではなく、色恋管理が目的で関係を持っただけということになります。

風紀違反を回避する唯一の方法は“退店する”こと

相談者さん

某キャバクラで働いている24歳です。

今、週2回出勤しているバイトのボーイさん(26歳)のことを好きになりました。
1か月前くらいにLINEを交換して毎日連絡を取りたまに電話をする仲だったのですが、私の好意はほとんどバレているような状況でした。

会えば話しかけてくれるし、他のキャストよりは距離は近いかなというくらいです。

1度告白のようなものをしたのですが今は聞けないと言われました。

最近お店にバレかけて連絡を取るのをやめることになり、元々そのお店は近々辞める予定だったので辞めたらまた連絡を取ってくれると言ってくれています。

引用元 : Yahoo!知恵袋

こちらは少し長文なのですが、要約すると『お店のボーイといい感じになりお店に風紀がバレそうになったけど、退店して関係を続けることになった』という内容です。

ボーイ側が色恋管理目的ではなく、本気で女の子を本命彼女にしたいと思っているのなら、この男性のような行動をとるはずです。

つまり『女の子がお店のキャストでいるうちは、付き合っていることは絶対に秘密にし、連絡もとらない』ようにします。どちらかがお店をやめたあとなら、風紀違反は成立しないため、堂々と付き合うことができるからです。

ただし、女の子が店内で上位の人気キャバ嬢だった場合など、辞めた直後に退店理由が関係者にバレたら、男性側は責められるかもしれません。ただ、例えば辞めて数か月後たってしまえば、追及する人はあまりいないでしょう。

「キャバクラのボーイ(もしくは店長)が好きでどうしても付き合いたい」場合は、キャバクラを退店することが風紀違反を回避する唯一の方法です。

「もう風紀違反におびえて付き合うのは嫌!正々堂々と付き合いたいから店を辞める!」と女性に言われて、慌てたり「辞めるな!」と言ってきたりする場合は、色恋管理の疑いが出てきますので、その点をしっかり見極めましょう。

まとめ

以上、キャバクラの「風紀」について説明しました。

キャバ嬢の仕事をトラブルなく続けたいのであれば、風紀には一番に気をつけましょう。

ただ、風紀なのか色恋管理なのかは、本当に判断が難しいです。人間は恋愛感情が入ると、なかなか冷静ではいられないもの。それでもキャバクラとはお客さんと盛り上がってナンボの世界ですから、「風紀」に対しては、常に冷静になれるようにしたいですね!