ナイトワークのお悩み解決サイト

キャバクラで「チェンジ」と言われた!お客さんにNGを出される原因とは?

キャバ嬢として日々多くのお客さんと接する女の子の中には、突然お客さんから「チェンジ」と伝えられテーブルを離れた経験をした方も多いのではないでしょうか。

「ヘルプとして先輩キャバ嬢のサポートをしていたはずがお客さんからチェンジされてしまい後から怒られた」、「フリーで来店されたお客さんのテーブルに着いたら理由も告げられずチェンジされた」、「同じお店で他にチェンジされた女の子がいなくて不安に思う」など、一生懸命お仕事に励む女の子程チェンジに対して様々な想いを抱いてしまいます。

しかし、実際には女の子が気に病まなくても良い場合や、お客さん側に問題のある理不尽なケースでチェンジが行われることもしばしばあり、どの様な理由でチェンジされたのか自身で見極める必要があります。

そこで今回は、接客中にチェンジを経験した女の子に向けて、

・お客さんにチェンジされる原因
・チェンジされた際の気持ちの持ちよう
・何度もチェンジされた場合にどうなるか

などについて詳しく解説します。

キャバクラで“チェンジ”されることは少ない

相談者さん

キャバクラって、女の子が気に入らなかったのか「チェンジ!」してくるお客さんってけっこういるんですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

まず知っていただきたいのは、キャバクラでチェンジをするお客さんはそんなに多く存在しないということです。

せっかくキャバクラに遊びに来たのであれば、『お店の雰囲気を壊すことなく気持ち良くお酒を楽しみたい』というのがお客さんの本音であるからです。

しかし、中には以下の様なケースや理由で女の子のチェンジを申し出るお客さんもいるというのが事実です。

フリー客の席に着いた時

一般的に、フリーで来店されたお客さんには付け回しとしてテーブルに着くため、15分程で別のキャストと交代になります。

しかし、お客さんによってはこの短い時間帯の中でも下記など様々な理由でチェンジを申し出ることもあります。

  • より多くの女の子を吟味したい
  • もっと可愛い女の子とお酒を飲みたい

ヘルプのキャバ嬢がお客さんのテーブルに着いた時

指名キャバ嬢の指名が別のお客さんの指名と被ってしまった場合には、指名キャバ嬢が離席している間のヘルプとしてお客さんのテーブルに着くことがあります。

あくまでも繋ぎとして間を持たせることがヘルプのキャバ嬢の仕事ですが、下記の場合はチェンジされてしまう可能性があります。

  • うっかりお客さんの機嫌を損ねてしまった場合
  • あまりにも接客態度が悪かった場合

お店側(ボーイ)が空気を読んだ時

お客さんが自らチェンジを申し出るケースの他、下記の場合にはお店側(ボーイ)が空気を読んで女の子をチェンジすることもあります。

  • あまりにもつまらなさそうにしている場合
  • 女の子にウンザリしている様な素振りを見せた場合

しかし、今回解説した3つのケースでも余程のことがない限りはチェンジとなることはありません。

また必ずしも女の子に原因があるとは限らず、後述する様な理不尽な事例によってお客さんがチェンジを申し出ることがしばしばあります。

チェンジされるすべての原因がキャスト側にあるわけではない

チェンジされてしまえば誰しも凹んでしまったり、自分の何がいけなかったのだろうかと悩んでしまいます。

しかし必ずしも全ての原因がキャスト側にある訳ではなく、理不尽な理由でお客さんからチェンジされてしまうケースもあります。

ここでは、お客さん側に原因があってチェンジされるケースを3つ解説します。

チェンジされるケース①:お客さんの酒癖が悪い

相談者さん

キャバ嬢です。
キャバを初めて2ヶ月くらい経ちましたが、今日初めて酔っ払いでヤンキーぽい人にブチギレられて殴られそうになりました。

その方は、かなりお酒が回っていたので「大丈夫?」と声をかけたところ、それが”調子に乗っている”と受け取られ、「お前それ誰に言ってんだよ!調子乗ってんじゃねえよ!!消えろ!!」って言って女の子のチェンジを求められました。

引用元 : Yahoo!知恵袋

お酒が入ると誰しも多少なりとも気が大きくなってしまいますが、相談者さんの様に、泥酔状態のお客さんから暴言を吐かれチェンジされてしまうというケースがあります。

こうしたタイプのお客さんは、女の子側に非がなく粗相をした訳ではなくともお酒の入った勢いで強く出てしまう、酔っていて自分が何をしているか分からず無性にイライラしてチェンジを言い出してしまうことがあります。

この様なケースは、キャバクラ以外の飲食店などでも度々見られる光景で女の子が悪い訳ではありません。

お店側やボーイも十分に理解しているのであまり気に留める必要はありません。

チェンジされるケース②:お客さんと相性が悪い

相談者さん

新人キャバ嬢です
先程初めてお客様を怒らせてしまいました。
VIPのフリーのお席についたのですが
一緒に来た人にも今日の主役!社長といわれていたお客様に
「俺職業なんだと思う?」
ときかれ
「公務員さんぽいですね!市役所とか!」
と答えたら怒られ速攻チェンジ要求されました。
公務員て失礼だったのでしょうか?
またこの場合ベストな答えはなんだったのでしょうか?
とてもショックです

引用元 : Yahoo!知恵袋

プライドが高く自分が欲しい答えを言わないと機嫌を損ねてしまうタイプのお客さんが来店されることもしばしばあります。

今回の事例では、職業をきっかけにお客さんからチェンジされていますが、どこでお客さんの地雷を踏んでしまうか分からないというのが接客業の難しさでもあります。

しかし、こうしたケースでも単に女の子とお客さんとの相性が悪かっただけなのであまり気に病む必要はありません。

なお、相談者さんの場合は

  • 「とてもオーラがあるから経営者さんとか!」
  • 「凄く服装にセンスがあるからアパレル系の社長さんですか?」

のように、褒め言葉を並べながら地位のある職業を回答することがベストで、お客さんの機嫌を損ねることなく会話を発展させることができます。

チェンジされるケース③:お客さんが容姿に厳しい

キャバクラに足を運ぶお客さんの中には、「若くて可愛い女の子とお酒を飲みたい」という理由で少しでもキャストの見た目や容姿が気に入らなければチェンジを言い出す方もいます。

また、指名しているお気に入りのキャバ嬢がとても容姿に優れたキャストである場合、その女の子以外とはお酒を飲みたくないといった理由でチェンジされてしまうことも。

見た目や容姿を理由にチェンジされてしまえば自分を否定されてしまった様に感じてしまいますが、あくまでも女の子のタイプはお客さんの主観によるものです。

「お前の様なブスとは飲みたくないからチェンジだ」「この店には可愛い女の子はいないのかよ」などと心ない言葉を吐かれても決して気にする必要はありません。

あなたを必要としてくれるお客さんに対して全力でサービスを尽くして応えましょう。

キャバクラで「チェンジ」と言われた時の心の持ち方

相談者さん

キャバクラで、働いてて、チェンジって言われたらどうしますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

お客さんに少しでも楽しんでもらいたい、思い出に残る様なひと時を過ごしてほしいと一生懸命接客したにも関わらず「チェンジ」と言われてしまえば、誰しも悔しい想いを抱いてしまいます。

しかし、心の持ち方を変えることで、自信を持って今後の接客に臨むことや、お客さんとのひと時を楽しむことができます。

ここでは、お客さんからチェンジと言われた場合の心の持ち方、気持ちの整理の付け方について解説します。

たまたまお客さんと相性が悪かっただけ

お客さんからチェンジを出されてしまった場合『たまたま相性の悪いお客さんの席に着いてしまった』、『今回は運が悪かった』と思うことで気持ちの整理を付けることができます。

一流のキャバ嬢であっても、必ずしも自分と相性の良いお客さんのテーブルに着けるとは限らず、苦手なタイプのお客さんに苦戦してしまうこともあります。

めげることなく一生懸命接客に臨めば、必ずあなたとのひと時を楽しく思っていただけるお客さんとの出会いに恵まれますよ。

お客さんの見る目がなかっただけ

お客さんからチェンジと言われてしまえば、誰しも悔しい想いを抱き凹んでしまいますが、それをきっかけに自信を失ってしまえば本末転倒です。

向上心を持ってしっかりと接客に臨めば、必ずあなたの魅力に気付きファンになっていただけるお客さんが現れます。

今回はお客さんの見る目がなかったと気持ちを切り替え、自分自身に魅力を感じていただけるお客さんとの出会いに向けて努力を重ねていくことが大切です。

優しいお客さんで良かったと思う

お客さんがトイレに立つタイミングでお店側にチェンジを申し入れ、ボーイから下がる様に伝えられるケースもあります。

酷いお客さんの場合には、女の子本人に対して心ない言葉を投げかけチェンジを申し出ることもあるので、この様なケースでは「なるべく自分が傷付かない様にこっそりとお店に伝えてくれた優しいお客さんで良かった」と前向きに捉えましょう。

また、1度チェンジされた場合には、原則として2度と同じお客さんのテーブルに着くことはありません。

どうしても納得のいかないお客さんの場合には、「逆に変な人の相手をしなくてラッキー!」と思えば心が楽になります。

お客さんがチェンジしたくなるキャバ嬢の特徴

お客さんに原因がありチェンジされてしまうケースもありますが、忘れてはならないのがキャバ嬢である自分に問題があるケースです。

お客さんから愛され長年に渡り活躍できるキャバ嬢になるためには、嫌われキャバ嬢の特徴を理解した上で接客に臨まなければなりません。

ここでは、具体例を挙げながらお客さんが思わずチェンジを申し出たくなるキャバ嬢の特徴について解説します。

会話が成立しない

  • 会話のキャッチボールができていない
  • お客さんから話しかけられても反応がない(笑わない・つまらなさそうな態度を取る)
  • 知らないことがあまりにも多すぎる

など、女の子との会話が成立しない場合には、早々にチェンジされてしまう可能性があります。

決して博識である必要はありませんが、キャバクラでは単に容姿が良いキャストよりもしっかりとコミュニケーションが取れる女の子の方がお客さんからは好まれます。

目の前のお客さんに対して興味や関心を抱き『もっと自分と一緒にいたい』、『また会いたい』と思ってもらうことがキャバ嬢として成功するために何よりも大切なポイントになります。

話下手でも特に問題はありませんので、まずはしっかりとお客さんの話に耳を傾けてみてくださいね。

失礼な物言いをしている

  • 上から目線
  • タメ口
  • 話の腰を折る
  • 何事も否定から入る

など、失礼な物言いをしているキャバ嬢も当然お客さんから嫌われチェンジされてしまいます。

『日々のストレスや悩みから解放されて楽しいひと時を過ごしたい』、『女の子に囲まれながらリラックスしてお酒を飲みたい』など、お客さんがキャバクラへ来店する理由は様々ですが、失礼な物言いをしてしまえばそれだけでお客さんの気分を害してしまいます。

中には、フレンドリーさをウリに接客に臨むキャバ嬢もいますが、それはお客さんとの間に積み重ねてきた信頼や地雷を避けるための技術力、最低限のマナーなどがあって初めてできるもの。

あくまでもキャバクラはお客さんに楽しんでいただくことを第一に、失礼な物言いをしていないか、安易にフレンドリーさを演出していないかなどに注意しなければなりません。

清潔感がない

キャバクラで働く上では、必ずしも容姿端麗である必要はありません。

しかし、下記のような清潔感のないキャストは嫌われてしまう傾向にあります。

  • 見た目(髪の毛がボサボサ、ドレスがヨレている)
  • お酒の飲み方や食事のマナーがなっていない
  • 話し言葉が汚い

キャバクラに足を運ぶお客さんの中には、経営者層や重役などの一定のステイタスがある方も多く、接待や商談の場としてキャバクラを選ぶことも珍しくありません。

そして、大切な席で清潔感のない女の子が接客してしまえば、当然真っ先にチェンジの対象とされてしまいます。

美麗なルックスの持ち主であることは当然働く上での強みとなりますが、接客業であるキャバクラでは、お客さんに不快な思いをさせないための清潔感やマナーなどを身に付けることが何よりも大切です。

むしろ、当たり前のことをできるだけで周囲のキャストとの差別化を図ることができるため、決して蔑ろにすることなく今一度自分自身を省みることが大切です。

おねだりがしつこい

お客さんとの信頼関係が成り立っていないにも関わらず目先のドリンクや場内指名欲しさにしつこくおねだりをしてしまえば、カモにされていると感じチェンジを出されてしまいます。

もちろん、キャバ嬢として結果を残しお店の売上に貢献することは大切ですが、まずは目の前のお客さんにどの様に満足していただくかを考えなければなりません。

コツコツとお客さんとの信頼関係を築き上げ、あなたとまた会いたいと思うファンを増やしていけば必ず後から結果はついてきます。

特にナイトワーク初心者の女の子は、早く一人前になりたいがためについ強引なおねだりをしがちですが、焦ることなくお客さんとの接客を楽しんでみてくださいね。

キャバ嬢のキャラが好きになれない

オラオラ系、かまってちゃん、不思議ちゃんなど、最近では様々なキャラクターや個性を全面に出して勝負するキャバ嬢も少なくはなく、それ自体は決して悪いことではありません。

しかし、キャラクターがあまりにも立ちすぎてしまうとお客さんに気を遣わせてしまったり、苦手に思われてしまうこともあります。

まずは無難に接客をこなして経験値を貯めながら、どの様なキャラクターが自分に適しお客さんにウケるのか試行錯誤を行うことが賢明です。

チャンジされすぎるとキャバクラでの評価が下がる

お客さんに対して失礼な態度を取る、最低限の礼儀作法やマナーが身に付いていないなど、女の子側に原因があってチェンジを繰り返す場合には、店舗内での評価が下がりクビになってしまうケースもあります。

もちろん、誰もが初めからプロとして接客をこなせる訳ではありませんが、お客さんからチェンジを出されてしまえば少なからず他の女の子やお店に対しても迷惑がかかります。

例えば、ヘルプのキャバ嬢として指名キャバ嬢がお客さんの席に着くことができない間の繋ぎを任されたケースを想定しましょう。

あなたがお客さんに対して失礼な態度を取りチェンジを出されてしまえば、指名キャバ嬢との間に大きなトラブルが発展する可能性がある他、場合によってはお店に対して損害を与えてしまうこともあります。

自分自身はもちろん、お客さんや周りの女の子達が気持ち良くキャバクラでのひと時を過ごすためにも、チェンジを出されない愛されキャバ嬢になることを目指さなければなりません。

原因を克服してチェンジされないキャバ嬢を目指そう

今回は、キャバクラでお客さんからチェンジされてしまう理由について解説しました。

お客さんが思わずチェンジを申し出たくなるキャバ嬢の特徴にひとつでも当てはまってしまった女の子は要注意!

あなた自身の魅力を上手くお客さんに伝え切ることができないままお客さんに嫌われてしまうのはとても残念なことです。

現在、お店の看板キャストや有名キャストとして活躍する多くの女の子は、お客さんから嫌われてしまうNGポイントをしっかりと理解していることはもちろん、自身の欠点を克服するための努力を常に怠りません。

愛されキャバ嬢として長く活躍するためにも、ぜひ今回解説したポイントを意識しながら接客に臨むと共に、自分自身を磨き続けてくださいね。