裏引きの意味とは?キャバ嬢が店外デートに誘われたときの断り方まで詳しく解説!

キャバクラやラウンジ、ガールズバーなど水商売の世界特有の行為である「裏引き」。

「店外デート」と呼ばれることもあるこの裏引きですが、キャバクラやガールズバーなどに勤務しているとお客さんから裏引きに誘われることが多々あります。

そのため、水商売の店舗で働くつもりなのであれば裏引きの意味は理解しておくべきです。

今回は、水商売における裏引きについて詳しく解説していきます。

・裏引きをするメリットやデメリット

・実際にお客さんから誘われたときの角が立たない上手な断り方

などについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

裏引きの意味とは?

相談者さん

夜の商売の「裏引き」ってどういう意味ですか?

引用元 : OKWAVE

裏引きとは、キャバクラやガールズバーなどの水商売の店舗で働くキャストが、お店を通さずにお客さんと会ってお金をもらう行為を指す言葉です。

キャバクラやガールズバーは、お客さんが来店して遊んでくれることで売上をあげることができるような仕組みになっています。

一方、裏引きをした場合はお店と関係のないところで金銭のやり取りが発生するため、店舗側には一切お金が入ってきません。

裏引きにもメリットはありますが、それらのメリットはあくまでもキャストにとってのメリットでしかなく、店舗側にとって裏引きはほとんどメリットのない行為です。

店舗で働くキャストが裏引きばかりしていると店舗の経営そのものが成り立たなくなる可能性があるので、基本的に裏引きはどの店舗でも禁止されています。

同伴やアフターとの違い

キャバクラやラウンジなど水商売の店舗には「同伴」や「アフター」といったシステムがあります。

それぞれの概要は以下のとおりです。

同伴デートの後にお客さんと一緒に店舗に出勤すること
アフター閉店後にお客さんとデートすること

同伴やアフターと裏引きの違いとしては、「お店の売上に貢献する行為かどうか」という点があげられます。

同伴はデート後にお客さんを伴って来店するため、その日の店舗の売上に直結します。

アフターは閉店した後に店外でお客さんと会う行為なので、行為自体がお店の売上に直結するわけではありません。

ただ、アフターの予定が入っているお客さんは気分が高揚していつもよりお金を使ってくれる傾向にあるので、お店側もアフターを認めています。

一方、裏引きはお店の売上には一切直結しません。

お店にとってメリットのある行為ではないので、同伴やアフターとは異なり、ほとんどの店舗で禁止行為になっているのです。

裏引きがキャバクラやガールズバーなど店側にバレるとどうなる?

相談者さん

客と店外デートしてしまいました。コンカフェ嬢です。

本日常連の客から今日ご飯行かへん?と言われ、冗談だと思い良いよ!と言ってしまいました。
じゃあ上がりの時間に下で待ってるねと何回も言われたので流石にこれは本気で言ってるんだなと怖くなり、行かないよときちんと返答しました。

しかし上がりの時間になりお店からでると待ち構えてました。
そこで走って逃げれば良かったのですが怖くて着いて行ってしまいました。
近場で焼肉を食べて解散しましたが、自分の失態ぶりに呆れてます。

コンカフェ嬢と店外で会ったのは初めてと言うのですが、どう考えても入って1ヶ月、しかもコンカフェも初めてな私を狙ったとしか思えません。

明日店長に正直に話すか悩んでいます。
ですが誓約書にサインしていることを半ば強制と言えども、破ったことには間違いないですし、賠償金やクビにされるのではないかと不安です。
私自身はとっても好きな職場でずっと働きたいと思っているのでどうすればいいか分かりません。

引用元 : Yahoo!知恵袋

先述したとおり、裏引きはお店の売上には直結する行為ではないので、基本的にどの店舗でも禁止されています。

そのため、裏引きしていることが発覚すると厳重注意を受けたり罰金をとられるなど何かしらのペナルティを課せられることがほとんどです。

運営事務局
運営事務局

厳しい店舗だとクビにされることもあります。

今後裏引きをするつもりがないのであればバレるまで黙っているのも一つの手ですが、「バレたときはクビにされるかも…」という覚悟は持っておく必要があるでしょう。

裏引きにはメリットもありますが、デメリットも多いので、裏引きをしている人や裏引きしようとしている人はよく考えてから行動するべきです。

ここからは、裏引きのメリットとデメリットについて解説していきます。

キャバ嬢が裏引きをするメリット

キャバ嬢が裏引きをする主なメリットとしては、

  1. お客さんと仲良く慣れる
  2. 食事をおごってもらったりプレゼントを受け取ることができる

の、2点があげられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

お客さんと仲良くなれる

裏引きは店舗が禁止している行為ではありますが、食事やデートによってお客さんとの仲を深められるというプラスの側面もあるので一概に悪い行為と言い切ることはできません。

お客さんとの仲が深まると、より来店してもらいやすくなり、通い続けてくれる可能性も高くなります。

仲良くなればなるほど使ってくれるお金が多くなる可能性もあるので、キャバ嬢やホステスだけでなくお店側のメリットになることもあるでしょう。

注意

ただ、裏引きによって仲良くなれたからといって必ずしも来店してくれたり、お金を使ってくれるようになるわけでもないため、その点はよく理解しておかなくてはいけません。

食事をおごってもらったりプレゼントを受け取ることができる

裏引きは、店舗を通すことこそないものの、キャストとお客さんという関係が解消されるわけではないためお茶代や食事代は基本的に誘ってくれたお客さん側が負担してくれます。

また、お客さんの中には、お茶代や食事代を負担してくれるだけでなく、プレゼントをくれたりデート代という名目でお金をくれるお客さんもいます。

プレゼントは質に入れて換金することもできるので、裏引きを稼ぐ手段の一つとして活用しているキャストも少なくありません。

キャバ嬢が裏引きをするデメリット

キャバ嬢が裏引きする主なデメリットとしては、

  1. プライベートな時間を割かなければならない
  2. お客さんがお店に来てくれなくなる可能性がある
  3. トラブルに発展する可能性がある

の、3点があげられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

プライベートな時間を割かなければならない

裏引きでの食事やデートにはプライベートな時間を割かなくてはいけません。

プレゼントやデート代をくれるお客さんであれば収入につながるのでプライベートな時間を割いてでも対応する価値はあるでしょう。

一方、お茶や食事をおごってくれるだけのお客さんの場合だと金銭的なメリットはほとんどありません。

「お客さんと仲良くなって来店してもらうための営業」と割り切ってデートするのもアリですが、裏引きに応じたからと言ってそのお客さんが必ず来店してくれるわけではありません。

プライベートな時間を割いてデートしたにも関わらず来店などの結果につながらないケースは少なくないので、

  • 本当にプライベートな時間を割いてまで裏引きするべきか
  • 店の規則を破ってまで裏引きするべきか

などの点について、よく考える必要があります。

お客さんがお店に来てくれなくなる可能性がある

裏引きにはメリットもあるため、お客さんからの誘いに応じるキャストも少なくありません。

ただ、お客さんからの誘いに応じて裏引きした場合、「お店の外でも会える子なんだ」という印象を与えてしまいかねません

キャバクラやガールズバーで会うとなるとどうしても高くつくので、店外で会えることを印象づけるとお客さんがお店に来てくれなくなる可能性があります。

トラブルに発展する可能性がある

同伴やアフターは、お店の利益につながる店舗側が認めている営業方法です。

そのため、同伴やアフターの最中に何かしらのトラブルが発生したときにはお店に相談することもでき、間に入ってもらうことができます。

一方、裏引きはお店のルールに違反する行為なので、もしトラブルに発展したとしてもお店に相談することはもちろん、間に入ってもらうこともできません。

裏引きで発生する可能性のある主なトラブルとしては、

  • 金銭のやりとりで揉める
  • 性的な関係を迫られる
  • 配偶者にバレて訴えられる

などがあげられます。

裏引きを提案してくるお客さんの中にはモラルにかけている人もいるため、約束していたデート代を払ってくれないなど金銭のやりとりで揉める可能性があります。

注意

また、食事をおごったりプレゼントを渡した見返りとして性的な関係を迫られることも少なくありません。

関係をもってしまった場合は、病気をうつされるリスクや妊娠するリスクも高まるだけでなく、相手が既婚者である場合は配偶者から訴えられるケースも考えられます。

同伴やアフターであれば店舗も認知しているため営業活動の一貫として拒否や否定ができ、店舗側もフォローしてくれるでしょう。

一方、裏引きは店舗が禁止しているため店舗側のサポートは期待できないので、自分で問題を解決しなくてはいけません。

店外デートの断り方

相談者さん

店外デートを求めてくるしつこい客に対しての対象法を教えて欲しいです…
私は20代女性で飲み屋でバイトしています。

64歳男性がしつこく店外デートを求めてきます。もちろん、お店に来た
ら指名してくれるので稼ぎになっててありがたいのですが、
断れない私は、会う日を決めるけど、
怖くなってその日嘘の用事を付けてドタキャンをしています。
今まで5回程ドタキャンしました…
それでもお店に来て指名してくれるので、
できれば、私はお店だけのお客さんに留めたいです。

どうにかプライベートでは会えないけどお店には遊びに来てね!って言うことは伝えたいです…
何かいい断り方はないでしょうか…?

引用元 : Yahoo!知恵袋

裏引きにはメリットもあるもののデメリットの方が大きいと言えるため、安易に手を出すべきではありません。

ただ、冷たくあしらうとお店に来なくなる可能性もあるので、断るにしても上手に断るべきです。

ここからは、角の立たない上手な店外デートの断り方について解説していきます。

まずはお店のシステムを説明して理解してもらうのが優先

キャバクラやガールズバーに来店するお客さんの中には、来店するのが初めてのお客さんや慣れていないお客さんもいます。

慣れていないお客さんの中にはお店のシステムをよくわかっていない人も多く、純粋にデートがしたくて誘っている場合もあります。

そういったお客さんには、まずはお店のシステムを説明してルールを把握してもらわなくてはいけません

裏引きの概要とお店で禁止されている行為だということを説明し、「お店に来てもらえれば会えますよ」と伝えて来店を促すようにしましょう。

また、「どうしても外で会いたい」「デートしたい」というお客さんに対しては、同伴やアフターといった方法があることを伝え、同伴やアフターを利用してもらうようにしてください。

「お店で禁止されているので…」

キャバクラやガールズバーのシステムを説明して理解してもらったとしても、しつこく店外デートに誘ってくるお客さんもいます。

そういったお客さんには、お店を通さない店外デートは禁止されていることを伝えて断るのが一番です。

お客さんとは言え、お店のルールを破ると注意を受けたりお店を出禁にされる可能性があるので、禁止されていることを伝えることで大抵のお客さんは諦めてくれます。

また、バレてしまった場合はお店をクビにされる可能性があることも伝えておくと、しつこく誘われることはほとんどなくなるはずです。

運営事務局
運営事務局

この方法で断る場合も、単にお店で禁止されていると伝えるだけでなく、同伴やアフターならできる旨を伝えるなどしてフォローするようにしましょう。

「仕事を掛け持ちしていて都合がつかないので…」

店外デートがお店で禁止されている行為だと伝えても、「バレないから大丈夫」などと言ってしつこく誘ってくるタイプのお客さんもいます。

そういったお客さんに対して有効なのが、仕事を掛け持ちしていてなかなか都合がつかないなど、忙しさをアピールして断る方法です。

「お金を稼がないといけなくて昼の仕事を掛け持ちしているので、時間がないんです…」と伝え、やんわりと断りましょう。

「休めばいいじゃん」

「一日ぐらい休んでも問題ないでしょ」

など、デリカシーのない言葉をかけてくる人もいますが、「休むと収入が減るんで…」と伝えれば諦めるはずです。

「〇〇さんが養ってくれるならいくらでもデートしますよ」など冗談っぽく断るのも、角を立てずに断ることができるのでおすすめです。

あまりにもしつこい場合はお店に相談するのがおすすめ

お店で禁止されている行為であることや忙しいことを理由にして断るとほとんどのお客さんは店外デートに誘うのを諦めますが、中にはそれでも諦めずにしつこく誘ってくるお客さんもいます。

はぐらかせる内ははぐらかしながらお店で遊んでもらうべきですが、あまりにもしつこい場合は、お店に相談して対処してもらうようにしましょう。

厳重注意や出禁などの処置はお店側に行ってもらうしかないので、これまでの経緯を説明し、どれだけ断ってもしつこく誘ってくることを伝えた上で適切な処置をとってもらうようにしてください。

まとめ

水商売で働く上で知っておくべき裏引きについて詳しく紹介してきました。

裏引きは水商売の世界で当たり前のように行われている行為で、実際に誘ってくるお客さんもたくさんいます。

ただ、ちょっとしたメリットもあるもののデメリットの方が大きいので、安易に行うべきではありません

お店のルールとして店外デートを禁止しているところも多いので、この世界で稼ぎたいと考えているのであればお客さんからの店外デートの誘いは断るべきです。

今回紹介した断り方を参考にすることで、お客さんと揉めることなくスムーズに断れるはずなので、誘われたときはぜひ実践してみてください。

あまりにもしつこい場合は、キャストが自分で対応するのは難しいので、お店に相談して対処してもらうようにしましょう。