キャバクラのアフターの意味とは?何するのかやホテルの断り方を解説

これからキャバクラで働きたいと考える女の子にとって気になるのが「アフター」という制度ですよね。

何となく言葉は耳にしたことはあるものの実際には何をするのか、お店の外でお客さんと会うことに対して不安を抱く方も少なくありません。

アフターは、キャバクラの営業時間終了後のプライベートタイムにお客さんとのひと時を過ごすことで親交を深め、次回以降の同伴や指名の確保に繋げることや、普段足を運ぶことができない高級店での食事を楽しむことができるなど、多くのメリットが存在します。

一方で、下心を抱いたお客さんからの誘いを断り切ることができずにホテルへ行ってしまった、同伴や指名欲しさに望まない相手とセックスをしてしまい大きなトラブルに発展してしまったというケースもあるため注意が必要です。

そこで今回は、初めてキャバクラで働く女の子に向けて、

・アフター制度とは何か

・アフターに行くメリットや目的

・万が一アフター中にホテルなどへ誘われてしまった場合の対処法

について詳しく解説します。

キャバクラのアフターとは”営業終了後にお客さんと過ごすこと”

相談者さん

キャバクラのアフターてどういう意味ですか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

キャバクラのアフターとは、お店の営業時間終了後のプライベートタイムにお客さんと一緒に出かけたり食事をしながら過ごすことを意味します。

似た様な制度として「同伴」制度がありますが、営業時間終了後の店舗外でのデートは直接的にお店に利益を生まないことから、アフターに行っても基本的にバックなどの給料は発生しません。

しかしお客さんにとっては、意中のキャストやお気に入りのキャバ嬢のプライベートを独占しているという特別感や優越感に浸ることができます。

人気キャバ嬢は・・・

お店の看板キャストや人気キャバ嬢の多くは、自身に対して高額なお金を使ってもらえる“太客”や、これから自分のファンになってもらいたいお客さんと共にアフターを過ごし、グッと彼らの心を掴んでいます。

本指名を獲得したいお客さんがいる場合や、キャバ嬢としての実力を磨いて活躍してみたいと考える場合には、ぜひ積極的にアフターへと足を運んでみることをオススメします。

キャバクラのアフター料金は無料?

キャバクラのアフターは営業時間終了後に行うサービスであり、店舗側が設定しているシステムに含まれている訳ではありません。

そのためお客さんにとって必要となるのは、デート先での食事代やタクシーなどの移動費、お気に入りのキャバ嬢へのプレゼント購入費など、出先でかかる費用を除けばアフター自体に追加料金が発生することは基本的にはありません

お店にとって利益を生まないことや営業時間終了後のプライベートタイムで行うサービスということもあり、アフターに行ってもキャバ嬢に追加でお給料が発生することも一般的にはなく、サービス残業に近いというのが実情です。

これに対して同伴も確かに出勤前のプライベートな時間に行うサービスですが、その後一緒に来店することでお店に対して利益を生むため、バックなどを通じて女の子のお給料に還元されることとなります。

同伴出勤の様に直接的にお給料が発生しないことから、アフターには行きたくないという女の子も少なくありませんが、後述する様にお客さんと共にアフターを過ごすことは女の子にとっても非常に意味があります。

キャバクラでアフターをする意味や目的は様々

相談者さん

キャバクラのアフターって何の意味があるの?

引用元 : Yahoo!知恵袋

キャバクラでアフターをする意味や目的には、以下の様に様々なものがあります。

  • お客さんからの指名を獲得しやすくなる(直接的なお仕事に繋がるメリット。キャバクラに足を運ぶお客さんの中には擬似恋愛を楽しみたいという男性も多く、アフターOKのキャストはその分他の女の子との差別化を図り指名を手に入れやすくなります)
  • 高級ブランドやアクセサリーなどのプレゼントをもらうことができる
  • 会社の経営者層や有名人などの人脈を広げることができる
  • 普段足を運ぶことができない高級店での食事を楽しむことができる
  • お店ではできない会話をすることで、お客さんとより深い関係を構築することができる

アフターは確かにサービス残業の様な一面もありますが、自分の中で明確に理由を持って足を運ぶことで沢山のチャンスを掴むことができます。

また、現在お店の看板キャストや一流店の有名キャバ嬢として活躍する女の子も、プライベートタイムのアフターを通じて少しずつお客さんの心を掴み今の地位を確立したというケースが多いことも事実です。

運営事務局
運営事務局

これからキャバクラで活躍したい、華やかなナイトワークデビューを飾りたいという気持ちがあれば、ぜひ積極的にアフターに行くことを考えてみてくださいね。

キャバクラのアフターでは何するの?

相談者さん

キャバクラのアフターってなにするんですか?

私のイメージ的には
最後はエッチ
って考えがあるんです。

来年キャバクラで働こうとおもってます。ご存知な方いろいろ教えてください!

引用元 : Yahoo!知恵袋

キャバクラのアフターには、具体的に”◯◯をしないといけない”というルールは存在しません

高級割烹や料亭での食事を楽しむ、大衆居酒屋やカラオケなどでよりカジュアルなひと時を過ごす、系列のガールズバーや朝キャバで日を跨いでワイワイとお酒を飲むなど、お客さんによってアフターの過ごし方は様々です。

また、女の子と2人きりでアフターに行くことを好むお客さんもいますが、実際には、

  • 同じお店の仲良しのキャバ嬢達と一緒にアフターでお客さんを囲む
  • グループで来店されたお客さんと同じテーブルに着いたキャバ嬢同士が意気投合して出かける

などのシチュエーションが多いです。

そのため、アフター中にホテルに誘われてしまう、実際にお客さんとセックスをしてしまったというケースは少なく、万が一の場合でも様々な予防線を張ることでお客さんと望まない肉体関係を持つことを避けることができます。

アフターでホテルやセックスに誘われた時の対策

相談者さん

キャバクラでアルバイトをしています。
お客さんにセックスに誘われた時のうまいかわし方を教えてください。
「付き合ってない人とはしない。すると好きになっちゃうからダメ。
○○さんは既婚者だから好きになったらつらいから~」
とかでいいんでしょうか。

引用元 : Yahoo!知恵袋

アフターにはグループで来店されたお客さんや同じお店で働く仲の良いキャバ嬢同士など、複数人で足を運ぶことが多く、直接的にお客さんからホテルやセックスへと誘われるケースは多くありません

しかし営業時間終了後のプライベートタイムにお店は関与しないため、何が起こるか分からないというのも事実です。

  • 信頼のできるお客さんだと思っていたのにホテルに誘われてしまった
  • 指名欲しさに半ば強引にセックスを持ち掛けられ応じてしまった

という女の子も少なくはなく、自身の身を守るためにも様々な対策を立てることが必要不可欠です。

運営事務局
運営事務局

ここでは、アフター中にお客さんからホテルやセックスに誘われた際の対策や考え方について3つ解説します。

上手な断り文句を知っておく

上手な断り文句を知っておくことでお客さんからホテルやセックスに誘われてしまった際に自身の身を守ることができます。

例えば、

  • 「◯◯さんとはもっと仲良くなってからそういう関係になりたいです」
  • 「明日は朝イチで予定が入っているからまた今度♡」

などの断り文句であれば、お客さんのプライドを傷付けることなく上手くホテルやセックスを断ることができます。

また、

  • 「もっと同伴や指名してくれたら考えてもいいよ♡」
  • 「今度来店してくれた時にシャンパンを入れてくれたら…!」

など、いわゆる“匂わせる”断り方であれば、次回の来店や指名、ドリンクバックなどの獲得にも繋げることができますがやり過ぎにはご注意

上手くその場は凌げても、見返りがない、カモにされていると感じてしまえばお客さんからの印象は悪くなり、大きなトラブルへと発展してしまうケースも考えられます。

一方で、お客さんが既婚者の方である場合には、

  • 「奥さんが知ったら悲しんじゃいますよ!」
  • 「気持ちは嬉しいけど家庭を第一にしてほしいです」

など、奥さんや家族というキーワードを使用することも有効です。

ホテルやセックスのお誘いをするお客さんは、若くて綺麗なキャバ嬢と2人きりで遊んでいるというシチュエーションに気持ちが酔っていることが多く、冷静な一言や家庭を心配する様子を見せることでお客さんが思い止まることも珍しくありません。

他にも、

  • 「お店から禁止されているので」
  • 「お仕事として誇りを持ってキャバ嬢をやっているので…」

などの断り文句が用いられることも多く、お客さんを徒らに刺激しない、お客さんの自尊心を傷付けない、やんわりとした断り方を覚えることが大切です。

女の子によって様々な断り文句を使い分けているため、お店に仲の良いキャストがいる場合などは、どの様な断り方をしているか尋ねてみることも良いでしょう。

誘いづらいように予防線を張っておく

アフター中にお客さんからホテルやセックスに誘われないためには、あらかじめ自身で予防線を張っておくことも重要です。

下心を持って女の子をアフターに誘うお客さんは、言葉巧みにあの手この手を使って肉体関係を持とうとするため、自身の身を守るためにも様々な対策を考える必要があります。

  • 事前にお客さんに対して帰宅時間を伝えておく
  • 終電の時間が来たらすぐに解散する
  • カラオケや漫画喫茶のカップルシートなど個室になりやすいお店を避ける
  • 繁華街から離れたカフェや飲食店で食事をする
  • お客さんの車に乗っての帰宅やドライブは避ける

これらは一例ですが、下心のあるお客さんに誘わせないシチュエーションは自分から作ることができます。

一度お客さんとカラダの関係を持ってしまえば、その後お客さんからの指名を獲得できないことを不安に感じてしまい、ズルズルと枕営業を続けてしまう女の子がほとんどです。

しかし枕営業を行なってしまえば、

  • 「押せば簡単にヤらせてくれる女」
  • 「指名をチラつかせれば簡単に遊べる軽い女」

とお客さんから認識されてしまうばかりでなく、お店や他のキャストからの信頼も大きく失ってしまうこととなります。

また、枕営業によって獲得したお客さんを肉体関係だけで繋ぎ止めることができるのは、せいぜい数か月程度です。

望まないセックスを行なってしまっている罪悪感、周囲にバレてしまった際の不安感、心身にかかる負担などから、どんどんと疲弊してしまいます。

思った様に売上を伸ばすことができない、成績が伸び悩んでいる場合など、ついついお客さんからのお誘いに応じてしまいたくなりますが、プロのキャバ嬢として活躍するためにも必ず予防線を張ってアフターへと臨みましょう。

枕営業とは?枕したくないキャバ嬢・ホステスなど水商売での稼ぎ方

お客さんの見極め・特徴を知っておく

日々の接客中にお客さんのタイプを見極め、特徴を知っておくことも自身の身を守ることに繋がります。

例えば、下心を持って女の子をアフターに誘おうとするお客さんには、以下の様な特徴が見受けられます。

  • 接客中に度を超えたボディタッチを行なってくる(お触りが多い)
  • トークの最中に露骨に下ネタを挟んでくる
  • 閉店間際に来店して物足りなさをアピールしてくる
  • やたらとアフターへのお誘いが多い
  • ホテル街近くのBARや飲食店での飲み直しを提案してくる

こうした「いかにも下心がありそう」なお客さんの特徴を理解するだけでもアフター中にホテルやセックスに誘われるリスクを抑えることができます。

少しでもおかしい、何だか怪しいと感じるお客さんの場合には、決してアフターへのお誘いには応じないことが賢明です。

もしお客さんと望まないセックスをしてしまえば、当然妊娠や性病などのリスクが常に伴い、万が一の場合に傷付いてしまうのはあなたです。

そしてアフター中は営業時間外ということで、基本的にお店は女の子のプライベートにまで関与せず何かあった場合でも責任を取ることはありません

自分自身の身を守るためにも、キャバクラの仕事内容を十分に理解している、決まった時間になれば解散してくれるなど、信頼のできるお客さんのみを選んでアフターの誘いに応じましょう。

良好な関係を築き上げたお客さんであれば、たとえセックスをしたり肉体関係を持たずともあなたに会いたいと思いお店まで足を運んでくれますよ。