【夜職のタバコ事情】キャバ嬢は接客中に喫煙してもいいの?

ナイトワークといえば大人の社交場。お酒(アルコール類)とともにタバコは重要なアイテムです。しかし、タバコが気軽なコミュニケーションツールに使えたのは、今では昔の話。

しかも、タバコを吸えるかどうかは、マナーの問題だけではなく、改正健康増進法(受動喫煙禁止)・東京都条例などの施行を受け、お店の営業許可にまで関わってくる重要な問題になっています。

一方で「それでもやっぱりタバコが好き・タバコを吸いたい」というお客さんもいますね。

また、下記のようにタバコにまつわる疑問があるかたもいるかもしれません。

・お店の中でタバコが吸いたいときはどうすればいいの?

・店内で守るべき新型タバコ、加熱式タバコのマナーってある?

・タバコの法律が改正されたぽいけど、店内でのタバコ喫煙は違反になる?

この記事では、キャバ嬢に限らずナイトワーク全体での“タバコ事情について”をまとめました。

タバコが好きな人も、逆にタバコは嫌いだけどナイトワークには興味があるという人も、ぜひ参考にしてください。

接客中のタバコの喫煙は禁止しているお店が多い

相談者さん

キャバ嬢は接客中にタバコを吸いますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

現在では、基本的にお客さんを接客している間は、スタッフの喫煙は禁止にしているお店が多いです。高級店などは特にその点を徹底した教育をしています。

喫煙をしているお客さんに「(自分も)タバコを吸ってもいいですか?」と聞いて、許可されれば吸う、というのが一昔前の基本ルールでしたが、現在は事情が変わっています。

タバコ嫌いのお客さん(非喫煙者)の前で勝手にタバコを吸う行為は失礼にあたります。それだけでチェンジを求められても文句は言えません。タバコを吸わないとわかっているお客さん(グループ含む)についたときは、「吸っていいか」の質問すら、マナー的にはNGだと言えるでしょう。

普段からタバコを吸う人が忘れがちな事実として、タバコの匂いは非喫煙者にとって不快な匂いである上に、タバコの匂いは洋服や髪の毛につきやすいということを理解しておくべきです。

地域密着型のスナックで、ママがタバコを吸いながら接客をしていたりと、ルールやマナー意識が緩いお店があるのも事実ですが、現在は基本的に喫煙者に向けられる目は厳しい時代です。

運営事務局
運営事務局

お客さんに「吸ってもいいか」と聞くことはもちろん、バックヤードなど吸える場所で吸ったとしても、匂いなどにはじゅうぶんに気をつけるべきです。

お客さんに「タバコ吸っていいよ」と言われた場合

お客さんのほうからタバコを勧められたときは、タバコを吸うこと自体は問題にはなりません。ただし

  1. 「タバコの種類」
  2. 「灰皿のマナー」

の2点には注意しましょう。

電子タバコ・加熱式タバコ・紙タバコ、マナー的に問題ないのは?

相談者さん

キャバ嬢またはお客様に質問です。キャバで、お客様がタバコ吸っていいよって言われた時女の子はみんなアイコスを吸います。私は紙タバコで気まずくなるのですが、どちらが良いのでしょうか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

これは、お客さんがどのような喫煙スタイルかによって、どの対応がベターか決まります。

1.お客さん自身が「紙タバコ」の喫煙者の場合

基本的に、女の子側はどの種類のタバコを吸っても失礼にはあたりません。お客さんがNGを出さない限り、普段から自分が吸っている種類・銘柄を取り出して吸ってOKです。

2.お客さん自身が「加熱式タバコ」の喫煙者の場合

女の子側も加熱式なら失礼なく吸えます。電子タバコもお客さんが苦手なフレーバーでなければたいていはOKです。ただし、紙タバコを吸うのは避けたほうがよいでしょう。

3.お客さん自身が「電子タバコ(水蒸気式)」の喫煙者の場合

女の子側も電子タバコなら問題ありません。加熱式もあまり気にされることはありませんが、お伺いをたてるほうが無難です。紙タバコは基本的にNGです。

4.お客さん自身は非喫煙者だが、人が吸っていても気にしない人の場合

この場合は、自分のタバコの種類や銘柄を伝えて、個別にお伺いを立てるしかありません。何でもOKという人もいますが、たとえOKと言われても煙も匂いも強い紙タバコは避けておくべきです。

参考のために、紙タバコ・加熱式タバコ・電子タバコの違いや特徴について、簡単にまとめておきます。

改正健康増進法や受動喫煙防止条例などの規制も絡んでくるので、自分は吸わなくても違いくらいは覚えておくと役立ちますよ!

種別説明代表的な銘柄・商品名
紙タバコ・タバコ葉に火をつけて吸う、従来のタバコ
・タール・ニコチンを多く含み、匂いも強い
・煙にも有害物質が含まれる
・受動喫煙禁止など、さまざまな法規制の対象になる
セブンスター
ハイライト
ピース
マルボロetc
加熱式タバコ・タバコ葉を加熱し、気化したタバコ成分を吸う
・紙タバコに近い吸いごたえだが、煙や有害物質は比較的少ない
・加熱式タバコ独特の匂いはある
・紙タバコとほぼ同等の規制を受ける
アイコス・シリーズ
ブルーム・シリーズ
グロー・シリーズetc
電子タバコ(べイプ)・専用リキッドで香りをつけた水蒸気を吸う
・ニコチンやタールは含まれない
・フレーバーがいろいろあるが、いわゆるタバコの匂いではない
・厳密にはタバコではない、タバコ税もかからず、規制の対象外
ドクタースティックイーグル
スモークドクタービタアルファetc
運営事務局
運営事務局

厳密に言うとシガー(葉巻)もタバコの仲間ですが、他のタバコに比べて利用者数は少ないので、ここでの説明は省略します。

お客さんが使っている灰皿を一緒に使ってもいいの?

相談者さん

キャバクラでお客様の灰皿は1.2本で交換ですが、キャバ嬢が自分でタバコを吸うのにはどうするのでしょうか?お客様とは別の新しい灰皿を使用しますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

お客さんに「タバコ吸っていいよ」と言われた時点で「灰皿もご一緒してもいいですか?」とひとことお伺いを立てるのがベストです。

「どうぞ」と言われたなら、同じ灰皿を使って問題ありませんし、灰皿を仲良く共有することでお客さんとの距離を近づけることもできます。もし「別のを使いなよ」と言われた場合は、新しく別の灰皿を出して使いましょう。

キャバクラでの灰皿交換は早め(1~2本)が基本です。
2人で同じ灰皿を使っていると、交換ペースがさらに早くなるので注意しましょう。

新しい灰皿に交換するタイミングは?

新しい灰皿に交換するときは、きれいな灰皿を2枚用意しておき、1枚をお客さんの前に出し、もう1枚は使用済みの灰皿に静かに重ねます。そうして灰が飛び散らないように蓋をかぶせたような状態で、使用済みの灰皿を引き下げます。

運営事務局
運営事務局

灰皿交換のマナーは、ここで紹介した方法が基本となりますが、お店によって交換のタイミング・手順やルールが多少違うこともあります。マナーが心配な場合はお店のボーイさんや先輩嬢に確認しておくとよいですよ。

タバコの匂いが苦手な人はキャバクラなどで働けない?

相談者さん

キャバクラに詳しい方に質問です。タバコ嫌いでもキャバ嬢になれますか?タバコの匂いが無理です。室内はタバコの匂いで充満してますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

結論から言えば、キャバ嬢になることとタバコの好き嫌いは関係なく、誰でもキャバ嬢になることはできます

もちろん、もしあなたがキャバ嬢になったとして、お仕事を順調に続けていけるかどうかは、タバコ嫌いの程度によります。

相談者さんの「タバコの匂いが無理」という表現には幅があると思いますが「わずかな匂いでも気分が悪くなる、吐き気がするほど無理」であれば、キャバ嬢だけでなく水商売のどのジャンルの職場でも仕事を続けていくのはかなり厳しいかも知れません。

タバコの匂いというのは服や髪の毛に残りやすいものです。たとえ禁煙のお店であったとしても、外で吸ってきたとか、他の店で匂いがついたといった理由でタバコの匂いがするお客さんは必ずいます。

それだけの理由で指名や接客をすべてお断りするのは、現実的ではありません

夜の世界ですから「酔ってる人はNG」「お酒の匂いは無理!」と言っているのと同じレベルで「タバコの匂いは絶対無理」な場合は仕事に影響してしまうでしょう。

パチンコ店などと同様に、かつてはタバコの煙で充満しているキャバクラもありましたが、最近は換気装置の性能アップや法律上の問題で、クリーンな空気、室内禁煙といったお店が増えています。

  • 多少であれば我慢できる
  • 目の前で吸われるのでなければOK

といった程度のタバコ嫌いなら、お仕事にはあまり影響を与えずにやっていけるかもしれません。

完全禁煙のキャバクラやガールズバーはほとんど無い

相談者さん

完全禁煙のキャバクラやガールズバーって存在しますか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

完全禁煙のキャバクラやガールズバーは、まだあまり存在していません。

キャバクラやガールズバーは飲食店として届け出ている場合が多いため、国の定めた改正健康増進法や東京都などが定める受動喫煙防止条例の規制を受け、屋内禁煙とするか喫煙スペースを分ける義務があります。

しかし「夜のお店」は「大人の社交場」でもあり、アルコールと同様にタバコを完全に排除するのは難しいようです。

規模の小さい店舗は規制の対象外であることや、いくつかの抜け道も存在するので、まだ「完全禁煙」に踏み切っている店は少数派なのが現実です。

ただし、今後は取り締まりも厳しくなり、規制も強化される可能性があるので「禁煙」「分煙」のルール作りは、キャバクラなど夜のお店でも徐々に進められていくと思われます。

また、店内を「喫煙可能」にしてしまうと20歳未満の客や従業員が立ち入れなくなるため、若い女の子をスタッフとして雇いたいキャバクラやガールズバーについては「禁煙」「分煙」のお店がこれから増えていくことも予想されます。

ですので、今後「完全禁煙」のお店が増えてくる可能性はおおいにあります

ただし、禁煙となっているお店でも、お客さんが他の喫煙所や屋外でタバコを吸ってから入店することや、規制の影響を受けない電子タバコを吸うことは可能ですので、夜のお店からタバコの匂いが消えるのは、まだもう少し先の話になるでしょう。

キャバクラなどの店内でのタバコ喫煙は『受動喫煙防止条例』に違反している?

相談者さん

4月からタバコの規制が変わりましたがキャバクラ、ホストクラブ、BAR、スナック、店舗風俗、ラブホテルなんかはタバコ吸うのはダメなんですか?
居酒屋、飲食店はダメなのはわかりますが。
喫煙所があれば良いみたいに書いてありますがそのような店は喫煙所ないだろうし、新たにつくるのも難しいんじゃないかなと気になりまして質問しました。
また、アイコスなどの電子タバコは規制の対象なのでしょうか?

引用元 : Yahoo!知恵袋

質問内容に順に回答していきますが、その前にまず、2022年現在における、禁煙を定める法律関係について整理しておきましょう。

禁煙に関する法律は主に2種類で

  1. 改正健康増進法(2020年施行:国の法律なので全国で適用されます)
  2. 各自治体(都道府県や市町村)が定める受動喫煙防止の条例

となります。

このうち2の受動喫煙防止条例は、1の補助になるものです。

自治体ごとに、妊婦さんの保護などについての項目が加えられている例が多いですが、キャバクラをはじめとする水商売系の禁煙については、特に規制は追加されません

ただし、東京オリンピックを前に禁煙化をアピールしたかった東京都だけは別で、例外として屋内喫煙が認められる条件が、国の法律(1)より厳しくなっていますので、都内の飲食店は注意が必要です。

また、今後は東京都と同じように規制を強化する都道府県が出るかもしれません。

キャバクラなどの禁煙のルールは、1の改正健康増進法を見ればよくわかります。

改正健康増進法は2020年に施行された

「屋内の原則禁煙」

「20歳未満の喫煙エリアへの立ち入り禁止」

「技術的基準を満たした喫煙室の設置」

「喫煙室への標識掲示の義務付け」

を柱とする法律です。

ポイントをざっくり説明すると下記のとおりになります。

  • 学校・病院などの施設は敷地内全面禁煙、屋外にのみ、喫煙スペースを設置できる
  • 事務所や飲食店(キャバクラなどを含む)は基本的に屋内禁煙
    ※基準を守れば喫煙スペース設置可能
  • 既存の小規模な店舗に限り、屋内喫煙も可能(ただし20歳未満は立ち入れなくなる)
運営事務局
運営事務局

さらに詳しく知りたい人は下記厚生労働省の下記サイトをご確認ください。

厚生労働省:健康増進法の一部を改正する法律案(平成30年3月9日提出)概要

キャバクラ、ホストクラブ、BAR、スナック、店舗風俗、ラブホテルでタバコを吸うのはダメ?

  • キャバクラ・ホストクラブ・ガールズバーなど飲食店に分類される店では、屋内禁煙とするか、喫煙室や禁煙スペースを別に設置する対応が求められる
    ※2020年より前からある小さな店に限り、従来通りの喫煙も可能(できれば禁煙に移行)
  • BARやスナックは主食(ご飯もの、麺類、パンなど)を提供せず、たばこ販売店の許可を持てば、禁煙にしなくてよい
  • ラブホテル(通常のホテルも)や店舗型風俗では、それぞれの個室が禁煙とされていなければ、普通にタバコは吸える

なお、大きめのキャバクラなどで店内をすべて喫煙可能にしたければ、飲食店ではなくBARやスナックと同じ許可をとって営業するという抜け道的な方法もあります。

新規店も同じ方法で喫煙可能にできます

また、現在は移行期間中ということもあり、それほど厳しい取り締まりや監視はされていません。そのため、単にルールを守っていないだけの店舗もあるでしょう。(※ただし、そうした店はいずれ摘発されてしまう可能性があります。)

運営事務局
運営事務局

タバコを吸えるかどうかは店員に聞くのが早いということになります。
法律にはタバコを吸える場所であることの表示義務もあるので、喫煙場所も店内を見渡せばわかるようになっています。

アイコスなどの電子タバコは規制の対象になる?

電子タバコ(VQPE、べイプ)は専用リキッドを加熱して、香りのついた水蒸気を吸うものです。

これは法律上はタバコではなく「タバコ類似品」に分類されるため、ここで説明してきた法律や条例の規制の対象ではありません。つまり、電子タバコは法律上はどこで吸ってもOKということになります。

ただし、他人からは喫煙しているようにも見えるため、マナー上の問題から電子タバコも禁煙ゾーンでは吸わない人が多いようです。

業界も20歳未満には販売しないなどの自主規制やマナー向上を推進しています。法律上の規制を受ける「加熱式タバコ」と商品の外見が似ているものもあるので、なかなか難しい問題ですね。